2020東京オリパラ出場選手

安室早姫(ゴールボール)の障害の原因!母親への尊敬と心の支え!彼氏や結婚は?

sponsored link

延期となっている2020東京オリンピックパラリンピックですが、来年の開催に向けて選手の皆さんは日々頑張っていますよね。

その様子は、選手ご本人のSNSなどでも配信され、勇気をもらう方も多いかと思います。

そこで、今回は、パラリンピック・ゴールボール選手・安室早姫選手について深堀していきます。

ここあ
ゴールボールを始めるきっかけや病気についても調べていきます。

ゴールボール安室早姫(さき)の障害の原因

最初のプロフィール部分でも触れましたが、1歳のころには視力低下がみられた安室早姫選手。

安室早姫選手の障害はいったいどのようなものなのでしょうか?

早姫選手が視力低下というハンデを負ってしまう原因となったのは、1歳で患った病気です。

病気については、具体的な病名が公表されていませんでした。

ですが、そのため、小さいころから聴力に頼った生活を送ってきたという安室選手は、「攻守のヒントを逃さない聴力」が強みです。

その他のゴールボール選手は10代で視力を失っていることが多く、まわりの世界が見えていた過去があります。

しかし安室選手の場合は1歳を過ぎたころには視力が下がっていたため、その分他の選手よりも、聴覚から得ることのできる情報が多いと自負しています。

ここあ
ボールの中の鈴の音だけでなく、あらゆる音への集中力が高い安室選手の積極的なプレーが楽しみですね。

他のパラリンピック選手についてはこちら

東京オリパラ出場選手特集

 ゴールボール・安室早姫(さき)の尊敬する母親

満開の桜の花

ゴールボール選手としての活躍が期待されている安室早姫選手ですが、それが重荷と感じることも当然あったようです。

そんな時に、安室早姫選手の気持ちを落ち着けさせてくれるのは、地元沖縄出身のKiroro(キロロ)の歌声です。

優しいKiroro(キロロ)の曲は、早姫選手に安らぎを与えてくれるのだとのこと。

そして、早姫選手の一番の心の支えになっているのは、尊敬しているお母さんなのです。

リオオリンピックへの出場がかなわなかった早姫選手を支えてくれたのもお母さんでした。

とっても前向きで明るい性格のお母さんは、「東京パラリンピック出場を目指していたんでしょ!早姫はこれからだよ!」と全く落ち込む様子を見せずに励ましてくれたのだそう。

そんな前向きな母親に育てられた早姫選手は、「成長したい!できなかったことをできるようになりたい!」という姿勢でまっすぐに進んでいきます。

将来の夢は、スポーツ専門の鍼灸師になること

その夢に向かって、東京パラリンピックにも全力で挑戦していく早姫選手は今日も輝いています。

安室早姫(さき)のプロフィールと経歴

まずは、ゴールボール・安室早姫選手の出身や年齢など、プロフィールを確認!

安室選手は1993年3月5日、沖縄県八重瀬町にて生まれました。

2020年現在27歳ということになります。

わずか1歳のころから病気で視力が低下するも、それを感じさせないほど活発に過ごしていた安室選手。

東京へのあこがれの気持ちもあって、東京都にある視覚特別支援学校で寮生活をスタートさせます。

高校2年生のときにゴールボールと出会い、その才能が開花して2015年の全日本チームに召集されるほどに成長しました。

安室選手、惜しくも2016年のリオパラリンピックに出場することは叶いませんでしたが、自慢の研ぎ澄まされた聴力を武器に、力強いプレーが光る選手です。

ここあ
今回の東京大会で、リオパラリンピックの雪辱を果たしてほしいですね。

安室早姫(さき)のゴールボールを始めたきっかけと高校大学

桃の花

2015年には全日本チームに召集されている安室早姫選手。

安室早姫選手のゴールボールとの出会いはいつだったのでしょうか?

安室早姫選手がゴールボールに出会ったのは、2010年(平成22年)高校2年生のことです。

東京の視覚特別支援学校で寮生活を送っていたころ、学校の体育の先生からゴールボールに誘われたのがきっかけで競技を始めました。

当時、ゴールボールチームの欠員を埋めるために部活の顧問の寺西先生がプレーヤーを探していたため、安室選手に声がかかったというわけなんです。

初めて出場した試合では、ゴールボール競技における“コールドゲーム”を意味する0対10で完敗し、そこからこの競技へかける熱量があがり、練習に打ち込むようになります。

ここあ
負けず嫌いの安室選手の性格が伺えるエピソードですね。
ねこ
最初は学校の先生からのお誘いだったんだね。

安室選手がゴールボールと出会った高校やその後の大学はどちらに進学したのでしょうか?

安室早姫選手は、一度は東京に出てみたいと、東京の文京区にある「筑波大学附属視覚特別支援学校」に入学するために、2009年に沖縄から上京してきます。

そして、その後、明治大学法学部に進学しているんです。

しかも、スポーツ推薦などではなく、しっかり受験勉強をしての進学です。

明治大学を選んだ理由としては、数々のパラリンピアンが卒業している大学だったから。

そして、「世界を広げたい」という思いが早姫選手を突き動かしたようです。

高2で競技を始めた安室選手は着実に力を伸ばし、明治大学時代には所属チームにおいて、2015年と2016年の日本選手権連覇に大きく貢献するまでになります。

どこか遠いものと感じていた世界の舞台に立ちたいと強く思い始めたのがこのころ。

しかも2016年大会では最優秀選手賞を受賞するなど、輝かしいキャリアを歩んできました。

また、日本代表としても2015年と2017年のアジア・パシフィック選手権でも金メダルを獲得しています。

とにかく経験を積むこと」を大切に、日々進化し続けています。

しかも、大学では法学部に進学している早姫選手、きっと頭脳明晰なのでは・・と考えられます。

それが、ゴールボールでの試合でも発揮されているのではないでしょうか!

ここあ
沖縄から東京の高校に進学するために上京したのが、安室早姫選手のその後の人生の転機だったということですね。
ねこ
高校2年生でのゴールボールとの出会いにつながるもんね。

\ パラアスリートの紹介はこちらの本! /

かわいい安室早姫(さき)の彼氏

満開の桃の花

日々精力的に練習に取り組む安室選手ですので、恋人がいるのかも気になるところです。

調べてみましたが、いまのところ彼氏の存在を感じさせるような情報はありませんでした

可愛い早姫選手なので浮いた話も聞こえてきそうですが、何よりも今は来年に延期された東京パラリンピックへまい進しているところということですね。

ぜひ、来年のパラリンピックでは、安室選手の代名詞ともいえる、感度の高い聴力を存分に生かしてのびのびとプレーしてほしいですね。

そして、何よりもまだまだ若い早紀選手です。

ここあ
前回のリオパラリンピックに出場できなかった悔しさをバネに、日本ゴールボールチームを優勝に導いてくれるのは、「若手のホープ」と言われる安室選手に違いありません。

東京オリンピックパラリンピックの放送って、平日の昼間だとお仕事の方はその時間なかなか観ることができないし、子育てで手が離せないとしっかり観戦できませんよね…。

「大事な試合を見逃してしまった!!」「あの感動をもう一度みたい!!」という場合には…

この3つのサイトから、登録不要&無料視聴することができます!!

また、U-NEXTでは、なんと1964年の東京オリンピックのドキュメント作品を見ることができます。

1964年の東京オリンピックの、有観客でのすごい盛り上がりや、開会式の各国の衣装や入場の行進の様子各競技の様子はもちろん感動的な閉会式の様子も…!

2020東京オリンピックパラリンピックの様子との大きな違いを感じます…。

U-NEXTの31日間の無料体験期間を使えば、無料で見れるので気になる方はぜひ!

U-NEXTで1964年東京オリンピックをみる!
※本ページの情報は2021年7月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

まとめ

  • ゴールボール選手の安室早紀選手は沖縄出身で、高校2年生からゴールボールを始めています
  • ゴールボールを始めたきっかけは、チームの欠員補充のために顧問の先生に誘われたことです
  • 安室選手は2016年には、最優秀選手賞を受賞するほどの成長ぶりで、今後が期待されています
  • 安室選手は1歳を過ぎたころに病気がもとで視力が低下して、それにより研ぎ澄まされた聴覚がゴールボール選手としての最大の武器になっていま
  • 可愛い安室選手ですが、彼氏がいるという話はいまのところ聞こえてきません

sponsored link

-2020東京オリパラ出場選手

© 2021 あたらしいもの好き&くいしんぼうな薬剤師ママブログ Powered by AFFINGER5