スポーツ

堀米雄斗(スケボー)のアメリカの家が豪邸!自宅での様子を紹介!

※アフィリエイト広告を利用しています

堀米雄斗の家の広さ

sponsored link

東京オリンピックでみごとに金メダルを獲得したスケボーの堀米雄斗選手!

パリオリンピックでの活躍も期待されます。

その堀米選手のアメリカの家であるご自宅がすごい豪邸なんです。

しかも、そのアメリカ・ロサンゼルスの自宅は、なんと「堀米選手自身が購入した」というから驚きですよね。

ここあ
ここあ
そのアメリカのお家の広さと、その豪邸での堀米雄斗選手の可愛い様子を紹介します。

堀米雄斗(スケボー)の自宅は1億円!

堀米雄斗選手はロサンゼルスにある自宅を1億円でなんとご本人が購入しています。

1999年1月7日生まれの堀米選手はスケートボードを幼い頃にはじめ、6歳にはすでに様々な大会で活躍していました。

そして17歳にはスケボーの聖地でもあるロサンゼルスに渡米。

18歳には世界最高峰プロツアー「ストリート・リーグ」で準優勝、そして19歳には優勝を果たしています。

スケボーでトップ選手となり当時12社もの会社とスポンサー契約を結ぶことに。

そのほとんどはアメリカの大企業。

そしてその中にナイキも含まれています。

ここあ
ここあ
1億円のお家も余裕のお買い物だったのかもしれません!

堀米雄斗選手の豪邸の自宅を建てた年齢が凄い!

堀米雄斗選手がアメリカの自宅豪邸を建てたのはなんと22歳の時でした!すごぎます。

18歳、19歳で続けて世界最高峰のプロの大会で準優勝、優勝を達成した堀米選手ならではのエピソードです・・

そしてアメリカで家を買うことは堀米選手の小さい頃からの夢だったのだそう。

そんな堀米選手も2024年で25歳。

そろそろこの豪邸で一緒に暮らすパートナーなども考えているかもしれません。

堀米雄斗(スケボー)の家の驚きの広さ!

ロサンゼルスの街並み

見事に東京オリンピックで金メダルを獲得したスケボーの堀米雄斗選手の自宅。

その豪邸の広さは、なんと、6LDKです!!

日本で6LDKの家を建てようとすると、60坪の土地があればなんとか建てられるという広さになるようです。

だいたい、50坪がバレーボールのコートよりも少し広いくらいの面積で、100枚の畳を敷き詰めるくらいの広さなので、60坪となるとバレーボールのコートよりももっと広いということですよね。

1坪は畳2枚分なので、60坪は畳120枚分の広さになります。

堀米選手のご自宅はアメリカのロサンゼルスにあるので、きっとアメリカの基準で建てらた6LDKは広さの規格も大きいはずなのでもっと広い可能性が高いですよね。

しかも、実はアメリカのロサンゼルスの自宅は、堀米選手自身が購入したというからさらに驚きです。

堀米選手の年収は億越えとも言われるので、そんな広い豪邸の購入も可能なのかと思われます。

ここあ
ここあ
まだ若い堀米選手。これからの活躍にも期待です!!

堀米雄斗選手の家の間取りや内装もすごい!

スケートボードのパークのある庭

堀米雄斗選手の6LDKの豪邸の内装や間取りも気になってきます。

ここあ
ここあ
裏庭には練習場であるスケートパークも設置されているという堀米選手のロサンゼルスの家、きっとすごい豪華ですよね。
ねこ
ねこ
裏庭ってことは、表のメインの大きな庭もあるってことか…!

アメリカの大きなお家の裏庭には通常プールが設置されているそうで、このプールを埋めて作ったと言われています。

堀米雄斗選手の家は、6LDKという間取りなのですが、具体的な内訳としては…

  • リビングルーム
  • キッチン
  • ダイニング
  • ゲストルーム2つ
  • バスルーム2つ
  • ガレージ

どこを6つに数えるのかが一般人にはわかりませんが、ゲストルームもバスルームも2つずつあって、まずそこだけですごすぎます!!

そして、広いリビングにはビリヤードの台もおいてあって、それが堀米選手のお気に入りの家具なのだそう!

ここあ
ここあ
きっと内装もビリヤードが置いてあっても違和感のないオシャレなデザインということですよね。

堀米雄斗選手の家での様子

堀米雄斗選手のアメリカの家での様子は、本人のTwitterなどでたまに出てくるので、その可愛い様子をうかがうことができます♪

キッチンで水餃子を手作りしたり、、(キッチンもかなり広い!!)

大きなダイニングテーブルでお寿司屋や焼肉、おでんなどを食べている様子も♪

リビングでは大きなテレビを見ながらくつろいでます。

テレビの下にあるのは暖炉かな??

壁は白一色でアメリカっぽいオシャレなお家ですよね!!

きっと堀米選手が帰国したら、テレビに引っ張りだこだと思うので、 もしかしたらご自宅の様子もさらに出てくるかも??

ここあ
ここあ
金メダルを獲った堀米選手の帰国が今から楽しみですね!

\ 堀米雄斗選手の他の記事はこちら! /

東京オリンピックパラリンピックの放送って、平日の昼間だとお仕事の方はその時間なかなか観ることができないし、子育てで手が離せないとしっかり観戦できませんよね…。

「大事な試合を見逃してしまった!!」「あの感動をもう一度みたい!!」という場合には…

この3つのサイトから、登録不要&無料視聴することができます!!

また、U-NEXTでは、なんと1964年の東京オリンピックのドキュメント作品を見ることができます。

1964年の東京オリンピックの、有観客でのすごい盛り上がりや、開会式の各国の衣装や入場の行進の様子各競技の様子はもちろん感動的な閉会式の様子も…!

2020東京オリンピックパラリンピックの様子との大きな違いを感じます…。

U-NEXTの31日間の無料体験期間を使えば、無料で見れるので気になる方はぜひ!

U-NEXTで1964年東京オリンピックをみる!
※本ページの情報は2021年7月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

まとめ

  • 堀米雄斗選手(スケボー)のアメリカの家が6LDKの豪邸ですごかった
  • 堀米選手の6LDKの家の広さは、バレーボールのコートよりももっと広いと考えられ、大きな豪邸だと思われた
  • 堀米雄斗選手の家は若くして自分で購入したものだった
  • 堀米選手の家の間取りは、ゲストルームとバスルームが2つずつあり、広いリビングにはビリヤード台もおけるほどの余裕のある間取りだった
  • 堀米選手の家のキッチンでは餃子を手作りしたり、大きなダイニングテーブルに日本食を並べて豪快に食べたり、広いリビングでくつろげるような広さで、オシャレな内装だった

-スポーツ
-