2020東京オリパラ出場選手

欠端瑛子の父親ゆずりの経歴!病気や視力の障害&ゴールボールを始めたきっかけ

sponsored link

東京パラリンピックのゴールボールで注目されているのが欠端瑛子選手です。

欠端選手のプロフィールや経歴からすごい父親について、そしてゴールボールとの出会いなどを調べていきます!

欠端瑛子の父親ゆずりのすごい経歴

欠端選手は1993年2月19日、神奈川県横浜市で生まれました。

先天性白皮症で視界はほとんどありませんが、高校生で始めたゴールボールではその才能を発揮し、日本代表のエースとして活躍しています。

165cmの身長を生かして繰り出される回転投げは、彼女のプレースタイルの代名詞として知られています。

16歳のときにゴールボールを始めた欠端選手は競技開始後わずか2年で日本代表入りを果たしました。

その勢いのまま出場した2012年のロンドン・パラリンピックでは、なんと金メダルを獲得するという快挙を達成

センターというポジションで、チーム内での存在感もますます大きくなるばかりです。

今年の東京オリンピックの前哨戦とされた、2018年秋のアジアパラ競技の大会で、ゴールボールの女子日本代表は金メダルを獲得しましたが、その快挙の裏側には欠端選手が積み上げた得点があり、彼女の得意技である「回転投げ」のパワーが衰えることがありません。

欠端選手の活躍の裏には、彼女の家族の存在があります

欠端選手の父親は元プロ野球選手の欠端光則さんです。

現役時代は得意のフォークボールを駆使してチーム最多勝利を複数回達成するなど、投手として活躍されました。

ここあ
お父さんが元プロ野球選手で、その娘がオリンピック選手だなんて、すごいご家族ですよね。
ねこ
欠端選手が投げるボールの力強さや鋭さは、そんな偉大なお父さんから受け継いだものなのでしょうね。

他のパラリンピック選手についてはこちら

東京オリパラ出場選手特集

欠端(かけはた)瑛子の病気や視力の障害

欠端選手は3人きょうだいの末っ子で、生まれてすぐ体のメラニン色素が少ない、先天白皮症(アルビノ)と診断されました。

視力は0.05と非常に弱く、視界はぼんやりとぼやけてしまうと言います。

兄2人と元プロ野球選手である父親と、一緒に遊ぶこともあったと言いますが、やはり明瞭な視界でないことに加え、日焼けが禁物ということも相まって、次第にスポーツには消極的になっていきました。

ここあ
その後高校時代に始めたゴールボールでの活躍の傍ら、横浜美術大学ではなんと工芸を専攻していたことからも、障害の有無を感じさせない彼女のチャレンジ精神を垣間見ることができますよね。

欠端(かけはた)瑛子がゴールボールを始めたきっかけ

ここまで欠端選手の経歴についてご紹介してきましたが、そもそも欠端選手はどのようにしてゴールボールという競技に出会ったのでしょうか。

欠端選手は先述の通り、先天性白皮症によって弱視を患っていました。

盲学校時代、友人に誘われてゴールボールを始めたことが、欠端選手の人生を大きく変えるきっかけとなりました。

鮮明に視界を捉えることのできなくても、自信をもって取り組むことができるスポーツの存在をそのとき初めて知ったと欠端選手はいいます。

当初はセンターとして活躍していた欠端選手ですが、次第にレフトを任されるようになり、攻守の要を担っています。

欠端選手のSNSでは、普段のかわいらしい彼女の日常を見ることができますが、彼氏の存在は明らかになっていません。

いまは開催が近づいている東京パラリンピックを見据えて、日々のトレーニングに余念がないことでしょう。

重さ1.25キロのボールを、いかに正確に相手のゴールに決められるかが、パラリンピックまでの課題だと言います。

朗らかな表情からは想像もできない強さを秘めている欠端選手。

ここあ
日本代表のエースとしてチームを牽引し、これまで苦楽を共にしたチームメイトと目指すのは、金色のメダルしかありません。

東京オリンピックパラリンピックの放送って、平日の昼間だとお仕事の方はその時間なかなか観ることができないし、子育てで手が離せないとしっかり観戦できませんよね…。

「大事な試合を見逃してしまった!!」「あの感動をもう一度みたい!!」という場合には…

この3つのサイトから、登録不要&無料視聴することができます!!

また、U-NEXTでは、なんと1964年の東京オリンピックのドキュメント作品を見ることができます。

1964年の東京オリンピックの、有観客でのすごい盛り上がりや、開会式の各国の衣装や入場の行進の様子各競技の様子はもちろん感動的な閉会式の様子も…!

2020東京オリンピックパラリンピックの様子との大きな違いを感じます…。

U-NEXTの31日間の無料体験期間を使えば、無料で見れるので気になる方はぜひ!

U-NEXTで1964年東京オリンピックをみる!
※本ページの情報は2021年7月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

まとめ

  • 欠端瑛子選手は先天白皮症を発症していおり、視力への障害があった
  • 欠端選手は競技開始後2年でパラリンピック出場、東京大会で3回目となる
  • 欠端選手の父親は元プロ野球選手の欠端光則投手だった
  • 盲学校時代の友人の誘いでゴールボールをはじめていた

sponsored link

-2020東京オリパラ出場選手

© 2021 あたらしいもの好き&くいしんぼうな薬剤師ママブログ Powered by AFFINGER5