2020東京オリパラ出場選手

瀬立モニカの障害の原因となった事故!パラカヌーとの出会いや経歴&プロフ

瀬立モニカの障害の原因となった事故!パラカヌーとの出会いや経歴&プロフ

sponsored link

パラカヌーの日本代表選手である瀬立モニカ選手は、過去のある事故が原因となり障害をもつことになりました。

そして、その障害にも負けず、パラカヌーと出会い、リオオリンピック出場を経て、2020東京パラリンピックでは日本代表の選手にも選ばれています!!

ここあ
パラカヌー選手である瀬立モニカ選手の障害の原因となった事故やパラカヌーとの出会い、高校大学から今に至る経歴やプロフィールを確認していきましょう。

パラカヌーの瀬立(せりゅう)モニカの障害の原因と高校大学

東京都出身の瀬立モニカ選手は1997年11月17日生まれで、2020年3月現在23歳だということが分かりました。

では瀬立選手の負っている障害はどのようなものなのでしょうか?

瀬立選手の障害は・・「体幹機能障害」と呼ばれるものです。

体幹機能障害とは、脊髄や頸椎が傷ついたことによる後遺症による体幹の機能障害のことです。

ではなぜ瀬立選手が体幹機能障害になったのかというと・・

瀬立選手が高校1年生のとき、体育の授業中に怪我をしたことが原因だったのです。

体育の授業中に倒立前転をした瀬立選手。

その際に、「外傷性脳損傷」という状態になり、

脳と脊椎を損傷したことによって胸から下が動かなくなったのです。

まさか…と思われる方も多いかもしれませんが、この事故によって

瀬立選手は自力で歩くことができない体になってしまったのです。

この時東京国体直前・・。

しかし、4か月の入院と懸命のリハビリによってわずか1年ほどで競技に復帰しました。

体幹機能障害で胸から下を動かすことができない瀬立選手にとっては、カヌーの上でバランスをとることすら最初は難しかったと言います。

しかし、徐々に感覚を取り戻した瀬立選手は、パラカヌー選手としての実力をつけ、以来国内のレースでは優勝、

海外のレースでも上位入賞を果たすなど、才能の高さを感じさせる実績を残しています。

高校の授業中に障害を負ってしまった瀬立モニカ選手ですが、通っていた高校はどこだったかというと…

瀬立モニカ選手の出身高校は・・宝仙学園校という高校です。

中学は地元の江東区立深川中学に通われていたので、宝仙学園には中学もありますが、

中高一貫で高校に上がったわけではないということですね!

現在は筑波大学に在学しながら練習に取り組み、合宿や海外遠征を通して、

他の選手やコーチとの関わり合いを大切にしながら競技生活を送っています。

ここあ
高校から大学にすすみ、ますますカヌー競技に打ち込む瀬立選手のこれからの活躍がとっても楽しみですね!

瀬立(せりゅう)モニカのパラカヌーとの出会いと母親の言葉

高校時代に体育の授業で障害を負った瀬立モニカ選手ですが、

その後パラカヌーに挑戦したきっかけは何だったのでしょうか?

もともとは中学生時代に先生に勧められてカヌーを始めた瀬立選手。

中学生のころはカヌー部のエースとして、また同時にバスケットボールにも注力し、

なんと都大会3位という好成績を収めるほどの運動神経の持ち主でした。

そんな2つのスポーツで活躍していた瀬立選手は、高校1年生の時に体育の授業で障害を負ったことにより、

部屋に閉じこもりがちになってしまいます。

事故後、部屋に閉じこもりがちな瀬立選手に、瀬立選手のお母さんは「笑顔は副作用のない薬だよ」と声をかけ、

この言葉をきっかけに瀬立選手は再びカヌーと向き合うようになったということなんです。

ねこ
人生のどん底で心に響いたお母さんの言葉・・。その言葉があったからこそ、今の瀬立選手があるということなんだね!
パラアスリートの折れないココロのつくりかた

パラアスリートの折れないココロのつくりかた

瀬立 モニカ
1,359円(09/19 02:46時点)
発売日: 2020/06/24
Amazonの情報を掲載しています

瀬立(せりゅう)モニカのプロフィールと経歴

2020年東京パラリンピック・カヌー競技に出場予定の瀬立モニカ選手。

<プロフィール>

名前の読み方:せりゅう もにか

生年月日:1997年11月17日(2020年3月現在23歳)

出身地:東京都江東区

所属:江東区カヌー協会

<経歴>

元々中学校でカヌーの選手だった瀬立選手は、高校生時代にパラカヌーを始めてわずか2年で、

日本人選手初となるリオデジャネイロパラリンピックへの出場を決めると、

初出場ながら8位入賞という好成績を収めました。

その後も着実に力をつけ、2019年のパラカヌー世界選手権で5位入賞

このレースの結果、2020年東京パラリンピックのカヌー選手に内定し、金メダルを目指して

日々ウェイトトレーニングを中心とした練習に励んでいます。

ここあ
パラカヌーを始めてから2年ですでに素晴らしい成績を収めていたのですね!

\ パラアスリートについてはこちらの本! /

東京オリンピックパラリンピックの放送って、平日の昼間だとお仕事の方はその時間なかなか観ることができないし、子育てで手が離せないとしっかり観戦できませんよね…。

「大事な試合を見逃してしまった!!」「あの感動をもう一度みたい!!」という場合には…

この3つのサイトから、登録不要&無料視聴することができます!!

また、U-NEXTでは、なんと1964年の東京オリンピックのドキュメント作品を見ることができます。

1964年の東京オリンピックの、有観客でのすごい盛り上がりや、開会式の各国の衣装や入場の行進の様子各競技の様子はもちろん感動的な閉会式の様子も…!

2020東京オリンピックパラリンピックの様子との大きな違いを感じます…。

U-NEXTの31日間の無料体験期間を使えば、無料で見れるので気になる方はぜひ!

U-NEXTで1964年東京オリンピックをみる!
※本ページの情報は2021年7月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

まとめ

  • 瀬立モニカ選手の障害は、高校時代の体育の授業での事故で負ったもので、カヌーはそれ以前の中学でもやっていた
  • 2020年パラリンピックのカヌー代表の瀬立モニカ選手は、1997年11月17日生まれの東京都出身だった
  • 瀬立モニカ選手は現在、筑波大学に通っていた

sponsored link

-2020東京オリパラ出場選手

© 2021 あたらしいもの好き&くいしんぼうな薬剤師ママブログ Powered by AFFINGER5