台風・災害

【2024台風5号】たまご発生は?接近や日本上陸の可能性は?最新情報をチェック

※アフィリエイト広告を利用しています

台風による大雨

sponsored link

2024年5月24日時点で、フィリピンのミンダナオ島東で台風1号のたまごが確認され、台風に発達する見込みです。5月の段階で台風1号が発生したことで、今後も台風が続けて発生する可能性が懸念されます。

近年早い時期での台風の日本への接近が増えてきていますね。

過去には3号4号と連続して発生し沖縄、九州での大きな影響がありました。

そして3号4号となると次に気になってくるのは「台風5号」です。

今年の台風5号のたまごはいつ頃発生するでしょうか?

ここあ
ここあ
台風5号はいつきそうなのか?日本上陸の可能性や進路予想をチェックしていきます。

2024台風5号のたまご発生は?日本上陸の可能性は?

台風の後の青空

2024.5.24現時点では台風5号のたまごとなる熱帯低気圧の発生は確認されていません!

 

以下昨年2023年の台風5号のたまごやその後の発生状況です。

2023.7.16 台風4号が発生し、南シナ海を西北西に進みました。

2023.7.21 台風5号がフィリピンの東で発生!

2023年の台風は、2号が5月と早いタイミングで日本に接近。2024年の台風1号の発生時期と似ています。

2023年はその後少し間をあけて立て続けに3号4号と台風が発生し、2023.7.21時点で台風5号が発生しています。

 

2024年の台風も似たような状況になる可能性も。

最新の情報をチェックしておきましょう。

今後も異常な暑さとなりそうなので、例年の台風発生の時期よりも早い時期に発生して日本にも接近してくることが予想されます。

最新の情報に十分に注意していきましょう!!

台風5号(2024)はいつ頃発生するか?最新進路予報情報を調査できるサイト

台風の後の夕方の空

2024.5.24時点ですでに台風1号が発生し日本に向かって進路を進めている状況です。

今後の台風もいつ日本に近づいて来るのか?そこが一番気になるところです。

自分が住んでいるところには、影響があるのか?

上陸はしなくとも、大雨が降るのか?買い物やお出かけなどで傘は必要になるのか?

ここあ
ここあ
その辺りもチェックできるように、気象情報の各専用サイトをお伝えします。

ウェザーニュース

日本の気象情報会社であるウェザーニュースでは、Twitterでも最新の気象情報を発信しています。

2023年の台風5号の情報もこのように出ていました。

今後の台風5号6号の情報も速報でツイートされるはずです!

公式Twitterアカウントをフォローしておくと最新情報をチェックすることができます。

日本気象協会

日本気象協会のページでも最新の台風情報をチェックすることができます。

サイトもとても見やすく、わかりやすいのでおすすめです!

日本気象協会の公式サイトはこちら

Windy

Windyでは、最新の風の流れをわかりやすく見ることができます!

予想図も動画のように確認できるので、台風の動きも丸わかりです。

そして台風5号となるたまごの様子もチェックできます。

まだどうなるかわかりませんが、7月の夏休みに沖縄に行く予定のある方は台風5号の発生状況に要注意です!

その後も台風が続けて発生するのではないかという予想もあり、この夏は勢力の強い台風の上陸には気をつけないといけなくなりそうです。

米軍共同台風警報センター

「米軍共同台風警報センター」(JTWC)でも最新の台風情報をチェックすることができます!

少し見にくいのですが、日本の気象予報サイトとは違った予報が出ている場合があるので両方チェックするのがおすすめ。

米軍共同台風警報センター

ここあ
ここあ
一つのサイトからの情報だけでなく複数チェックしておくと、安心です!

\ 災害時に備えて充電器は絶対あった方が安心 /

コンパクトなソーラー充電器

大手メーカーのアンカーのソーラー充電器が人気です!

重さは約469gととてもコンパクト。

日本のメーカーのおしゃれな充電器もおすすめ!

約375gとアンカーのものよりもさらにコンパクトで、付属しているカラビナを付ければリュックにぶら下げられます。

折りたたみ式のソーラー充電器

発電能力の高い折りたたみ式も人気!

3枚のソーラーパネル!

USBtypeA2を2基搭載。

USBtypeAを3基搭載。

モバイルバッテリーとして日常使いもしたい場合はコンパクトタイプ、

たくさんの機器を短時間で充電したい場合には折りたたみタイプがおすすめ!

まとめ

  • 台風5号のたまごとなるような熱帯低気圧は2024.5現在発生していませんでした
  • 今年も台風3号4号と立て続けに発生する可能性も高く、台風5号や6号以降も7月8月中に発生する可能性もでてきました
  • 近年、夏の暑さが例年よりも異常なとなっており、台風の発生するタイミングが例年よりも早いため早いタイミングでの警戒が必要です

-台風・災害