2020東京オリパラ出場選手

東京五輪2020バスケ【八村塁プロフ】両親国籍や名前の由来!兄弟もバスケ選手?

sponsored link

NBAのウィザーズの八村塁選手が、「ライジング・スターズ」に日本人として初めて出場して話題になっています。

「ライジングスター」とは、オールスターの前座となる試合で、プロ2年目までの若手の選手たちが出場するものです。

八村選手は試合前の意気込み通り、得意のダンクシュートやミドルシュートをみせ、第1クオーターを終えた時点でチーム最多8得点と、大活躍しました。

そんなNBAで活躍する八村塁選手は、東京オリンピックにも出場予定!

ノコ
八村塁選手の年齢、出身地などのプロフィールやご両親の国籍、兄弟のことなどまとめていきます。

 

東京五輪2020バスケ<八村塁>の名前の読み方と由来

NBAのウィザーズに所属している八村塁選手。

2020年夏の東京五輪にも出場予定ということでその活躍が今から期待されています。

八村塁選手の名前は何と読むのでしょうか?また、塁というのはどこから来たのか?その気になる由来も調べていきます!

八村塁の名前の読み方は・・・「はちむら るい」です。

そして、”塁”というのは「野球のベース」が由来となっているとのこと!

八村塁選手が登場した当初、フランス語の「Louis(ルイ)」から来ているのではないか?という意見もありましたが、NBAのドラフト指名の時に「NAME, RUI, MEANS "BASEBALL BASE" IN JAPANESE」と名前の説明が書いてあったそうで、野球のベースから来るということが発覚しています。

ご両親、もしくはご家族が野球好きだったのではないか?と言われています。

ノコ
八村塁は「はちむらるい」と読むんですね!苗字も名前もすぐに読めない漢字でした。
ネコ
”塁”はバスケじゃなくて、野球から来てるんだね!

 

東京五輪2020バスケ<八村塁>のプロフィール

八村塁選手の名前は「はちむらるい」と読み、”塁”は野球のベースに由来していることが分かりました。

さらに、八村選手の年齢や出身地など調べていきます。

八村塁選手のプロフィール

名前:八村塁(はちむらるい)

生年月日:1998年2月8日

年齢:22歳(2020年2月)

出身地:富山県富山市

身長:203cm

体重:104.3kg

富山県富山市出身の八村選手。

身長は2mを超え、体重は100kgと頼もしい体格です!
この体格を生かして現在NBAでも活躍されているわけですね。

ノコ
1998年2月8日生まれの八村塁さんは現在22歳なんですね!

 

東京五輪2020バスケ<八村塁>の経歴と野球をやめた理由

現在22歳の八村塁選手。

野球のベースが由来となる”塁”という名前で産まれて、バスケで世界を目指すまでの経歴はどのようなものだったのでしょうか?

幼少期 野球と陸上(短距)をやっていた
100m走で全国大会に出場
2012年 富山市立奥田中学校バスケットボール部に入部後
第42回全国全国中学校バスケットボール大会準優勝
個人として大会ベスト5に選出
2013年 宮城県私立明成高等学校へ入学
第44回全国高等学校バスケットボール選抜優勝大会(ウインターカップ)優勝
2014年 第45回全国高等学校バスケットボール選抜優勝大会(ウインターカップ)優勝
2015年 第68回インターハイ初優勝
第46回全国高等学校バスケットボール選抜優勝大会(ウインターカップ)優勝
2016年 渡米
ゴンザカ大学入学
2016年11月 試合初出場
2017-2018年 シーズン中38試合出場
2019年 NBAドラフトで1巡目9位で指名を受け、ワシントン・ウィザーズに所属

小学生にして陸上短距離の100m走では13秒台、野球では剛速球を投げていたそう!

空手、サッカーなどの経験もあり、小さい頃から運動神経抜群だったようです。

野球での剛速球も、レベル違いでそのことが野球からバスケに転向した理由でした。

なんと野球をやめた理由は「八村選手の投げるレベル違いの速いボールを誰も取れなかったから」なんです。

ネコ
野球をやめた理由が凄すぎる!野球を続けていたら・・と想像しちゃうね!

 

東京五輪2020バスケ<八村塁>の高校進学と渡米の経緯

地元の小学校卒業後は地元の奥田中学校に入学した八村選手。
前項で述べた通り、八村選手が投げる速い球を獲れる相手がおらず、中学校では野球部はなくバスケットボール部に入部します。

その時八村選手を指導していた奥田中学校の坂本穣治コーチは、八村選手が練習でバスケットのボールをまつで野球のボールのように片手でひょいっと持ち上げたのを見て「NBA並みだ」と伝えたんだそう。

それが刺激となり、八村選手はバスケットボールに打ち込みます。

中学3年生の時には全国中学校体育大会の準優勝、八村選手自身も大会ベスト5に選ばれます。

このことがきっかけとなり、全国のバスケの有名な高校からたくさんのスカウトがくることに

そして、「アメリカへ行く」という大きな夢を実現するための道として宮城県仙台の明成高等学校への進学を決めたとのこと。
その後、見事その夢を実現させて2016年に渡米を果たし、NBAのチームからのドラフト指名も受けたんですね!
ノコ
これからのますますの活躍が楽しみです!

 

東京五輪2020バスケ<八村塁>の父親母親の国籍

地元の小学校中学校からバスケの名門高校へ進学、その後渡米を果たした八村選手。

八村選手の顔を見れば、外国の血が流れているとすぐにわかりますが、ご両親の生まれたときの国籍はどちらなのでしょうか?

八村塁選手の両親の出身国は・・

  • 父親:ベナン
  • 母親:日本

で、八村選手はベナンと日本のハーフになるのです。

※ベナン:西アフリカの共和制の国

ノコ
八村選手のお父さんが西アフリカの方なんですね!
ネコ
アフリカの方は運動能力が高いイメージがあるし納得!

 

東京五輪2020バスケ<八村塁>の兄弟姉妹

ベナン人の父親と日本人の母親をもつ八村塁選手。

八村選手には兄弟はいるのでしょうか?

八村塁選手は・・4人兄弟の長男になります。

3人の弟妹のうち、2人がバスケット選手として活躍しています。

  • 弟・八村阿蓮(あれん)
  • 妹・八村安美菜(あみな)

 

2人とも中学校は世田谷区梅丘中学校、高校は兄と同じ宮城県の明成高校に進学していて(どちらもバスケの強豪校)バスケットを続けている様子。

特に阿蓮(あれん)さんのほうは、インタビューで「兄と一緒に日本代表としてプレーしたい」と語っており、現在東海大学体育学部に在学しており、夢の実現に向けてがんばっているようです。
ノコ
兄弟でのバスケの試合出場も期待されますね!楽しみです。

 

まとめ

  • 八村塁は、富山県出身で1998年2月8日生まれの22歳だった
  • 八村塁は、地元の小中学校からバスケの名門高校に進学し、NBAからのドラフト指名を受け現在ウィザードに所属して活躍していた
  • 八村塁の父親はベナン人、母親は日本人だった
  • 八村塁には3人の弟妹がいて、弟の阿蓮(あれん)と妹の安美菜(あみな)もバスケ選手だった

sponsored link

sponsored link

sponsored link

-2020東京オリパラ出場選手

© 2020 健康が1番! 薬剤師ママと3人の子どもたち  Powered by AFFINGER5