子育て

ワンオペ3人育児のコツ!時短でかしこく手抜き家事で育児・仕事・家事を両立!

sponsored link

3人の子育てに仕事に家事に・・。
そのうえ、周りには助けてくれる家族もなく、自分よりも仕事で忙しいパパにも頼めない。

ワンオペ3人育児は本当に大変ですよね!!

毎日やることがいっぱいで、園の準備や学校での役員の仕事、掃除や片付け、洗濯・・あれもこれも家族分やらなきゃいけないのに、全然時間がない!!
そうなのです。残念ながら1日24時間と時間は限られているのです・・。

でも大丈夫!ワンオペ3人育児で大変でも手抜き家事と時短家事で余裕の時間、作っちゃいましょう!

 

調理の回数を減らして時短!


1日3回の食事を毎回作っていたら、当然3回ずつ調理しなければなりません。
なので、その回数を減らすことが時短のコツです!
回数を減らすことができれば、まな板や包丁、鍋やフライパンなどの調理器具を洗う回数も同時に減らすことができます。

そして、それぞれの生活スタイルやその日の気分に合わせて、無理なく少しでも回数を減らすことを考えます。

例えば・・

  • 1日1回だけに調理する時間をまとめる
  • 週に2回まとめて作り置きする
  • 土日など休日に1週間分の作り置きをする

など。

朝食を作るついでに、夕食のおかずも作っておけば、仕事から帰ってきてからの家事の時間がぐっと減ります。
その日の自分の疲れ具合や朝の時間次第では完成までつくるのは無理だったとしても、野菜を切ってあるだけでも帰宅後の負担がかなり減らせますよ!

もし、その回数を週1回に減らすことができたら平日の負担はほとんどなくなりますが、ライフスタイルや個々の集中力の違いなどにもよるので、やってみて自分のスタイルにしていくのが1番です!

私の場合は調理自体があまり好きではない上に、週末は子どもたちとの時間を優先すると決めているので、1日1回にまとめて調理するようにしています。
1日1回であれば、保存の状態を気にする必要もないですし、新鮮なうちに食べることもできるのがメリットです。
自分のスタイルに合わせて少しでも時短して時間をどんどん作っていきましょう!

洗濯はその日のうちに1日1回で済ませて時短!


日々の洗濯は溜めずにその日のうちに済ませませれば時短になります。

シーツやカーテンなど大物があるときは別ですが、いつもの洗濯は1回で済ませれば一気に片付きます。
そのため、洋服も色移りしそうなものやドライクリーニングじゃないとだめなものなどは買わないようにすると、1回でまとめて洗濯することが可能です。
子どもたちの運動着や靴下など汚れがひどいものは、全部を入れる前に汚れがひどいものだけで少し洗剤を入れ、「洗い」「脱水」だけで一度回してから残りを追加してスタートさせると、キレイなものに汚れもつきませんしおススメです!

また、その日のうちに洗濯をすると、汚れが落ちやすいのもメリットです。
そして、夜部屋干しした洗濯物も朝起きて外に出せば天日にも干せますし、出かける前に取り込めば外出中も天気を気にする必要もありません!
ワンオペ育児で大変な上に天気も気にしていたら、さらにストレスに・・。それをなくしましょう!!

「ついで掃除」でまとまった掃除時間を時短!

掃除の時間をまとめて取ろうとすると、意外に時間がかかってしまいますよね。
たまった汚れを取るのは案外手間がかかりますし、こまめにちょこっとずつ掃除するのが時短につながる近道です!

例えば・・

  • 調理台を使ったらその度にコンロやシンク周りをササっと拭く
  • トイレに入ったらその度に便器や床、手洗い場を拭く
  • お風呂のあとについでに掃除をする

などです。

溜まった汚れをみて、「掃除イヤだな~」と憂鬱になる前にササっと一拭きして置けば、日々の掃除はせずに過ごせます!
その時についた汚れはこびりついていないので、拭くだけで簡単に落とせるのがメリットです。

ワンオペ育児、3人の子育て、仕事に、家事に、大変な毎日。
時短できる家事で時間をつくれば、少しだけ余裕が生まれます。

その余裕を何に使うかは自由!
そして、子どもたちとの貴重な大切な時間を笑顔で過ごしちゃいましょう!

まとめ

  • 調理回数を減らすことで時短になる
  • 洗濯はその日のうちに1回で済ませることで時短になる
  • 「ついで掃除」で掃除時間が時短になる

 

sponsored link

sponsored link

sponsored link

-子育て

© 2020 健康が1番! 薬剤師ママと3人の子どもたち  Powered by AFFINGER5