グルメ・お取り寄せ

ミシュラン【INUA(イヌア)】料理がまずい?ノーマの料理と比較して検討!

sponsored link

11月26日に日本ミシュランタイヤは、飲食店と宿泊施設を星の数で格付けする「ミシュランガイド東京2020」を発表しました!

2008年に始まった「東京ミシュラン」。毎回その掲載店には海外からも注目が集まっていますが今年はどうだったのでしょうか?

新規の掲載店が多い、変化の速い街東京では、今回も「三つ星」「二つ星」「ビブグルマン(価格以上の満足感が得られる評価)」に新規の店が掲載されました。
その中で、今回二つ星に新規で掲載されたレストラン「INUA(イヌア)」!

そんなイヌアの料理について調べていくと「まずい」との検索ワードが出てきました・・。一体どういうことなのか?
ネコ

ノコ
料理を作っているシェフの経歴やシェフが以前働いていた世界的に有名なノーマの料理と比較して検討していきます!

レストランInua(イヌア)のシェフ・トーマスの経歴

ローマスシェフのプロフィール

生年月日:1984年12月4日
出身地:ドイツのマグデブルグ
好きな国:日本
小さい頃の夢:サッカー選手

16歳まではずっとサッカー選手を夢見ていたトーマスさんでしたが、一冊の本との運命的な出会いによって人生の転機が訪れます。
その本を書いたのは、Eckart Witzigmann(エッカート・ウィッツィッヒマン)さん。

エッカート・ウィッツィッヒマン氏はオーストリアのシェフであり、世界中の有名なレストランで修業した後、ドイツのミュンヘンでレストラン”Aubergine”でミシュラン3つ星を獲得した、ドイツでは有名なシェフです。

そのエッカート氏の自伝本を読んだトーマスシェフの将来の夢は、「世界中を旅するシェフ」に変わることになるのです

その後10年間修業に励み、デンマークのコペンハーゲンで世界一予約が取れないレストラン「noma(ノーマ)」のレネ・レゼピシェフの料理と出会ったトーマスシェフ。

その、”北欧料理に革命を起こした”と言われているレネシェフの料理に魅せられたトーマスシェフは、レストラン「noma(ノーマ)」で働き始め、その才能と実力が認められ、ノーマの研究開発部門のトップになりました。

ノーマの研究開発部門のトップを10年務めあげたトーマスシェフは、ノーマのポップアップ進出で東京に来日。

ノコ
その時日本という国に魅力を感じて、その後イヌアのヘッドシェフとして再来日することになったということでした。

 

「nomaノーマ」の料理と「INUAイヌア」の料理を比較

ノーマの料理はスカンディナビア半島で採れた食材のみを使用したスカンディナビア料理や北欧料理。
独創的な発酵料理が特徴になっています。

レモンなどの植物を栽培できない北欧では、生きたアリを料理に用いてギ酸を柑橘類の代わりに使用することがるとのことで、ノーマでもたびたびアリがお皿に出てきます

ノコ
このような衝撃的な料理も一部あり、ノーマとパートナーシップを組んでいるイヌアで検索すると「まずい」というのワードが出てきてしまうと考えられます。

衝撃的な料理ですが美食家からは高い評価を得ていて、ミシュランでは三ツ星を取っており、世界のレストラン50では世界一に4度も輝いていますので美味しいことは間違いないですね。

 

対してイヌアの料理は、日本各地を旅して見つけた野生の果実や草木に、発酵、燻製、熟成という工程を加え、自家製の麹や出汁を加えることで生み出されるす料理。

 

ノーマの精神を守りつつ、日本の各地域に根差した摂理を感じながら自然と共生を探求しています。

ノコ
イヌアの料理、色も鮮やかでとっても美味しそう!

 

人気ドラマ「グランメゾン東京」のレストランgaku(ガク)の料理の監修もしていたINUA(イヌア)!

ノコ
ミシュランでも二つ星を取り、これからますます注目されそうです!

まとめ

  • イヌアの料理は、以前世界的に有名なレストラン・ノーマのシェフを務めていた方がヘッドシェフが作っていた
  • ノーマの料理は、酸味にアリを用いたりする衝撃的な料理もあり、それが「まずい」という検索につながっていると考えられた
  • ミシュラン三ツ星レストラン・ノーマの精神を受け継いだイヌアの料理も二つ星をとり、美味しいことは間違いなかった

sponsored link

sponsored link

sponsored link

-グルメ・お取り寄せ

© 2020 健康が1番! 薬剤師ママと3人の子どもたち  Powered by AFFINGER5