2020東京オリパラ出場選手

太田渉子(パラテコンドー)の障害!競技を始めたきっかけと母の存在!彼氏や結婚は?

太田渉子選手の障害

sponsored link

パラテコンドーでパラリンピックに出場予定の太田渉子選手。

その強さはもちろんアジアンビューティな美しさにも注目が集まります。

ここあ
蹴り合いに負けない強さをもつ太田選手の障害のことや、パラテコンドーを始めたきっかけについて、そして彼氏や結婚についてもチェックしたいと思います!

太田渉子(パラテコンドー)の障害とそれを乗り越えたきっかけ

テコンドー選手

パラテコンドーの世界で活躍する強い太田渉子選手には、身体に障害があります。

太田選手の障害は「先天性左手前指欠損」というもので、生まれた時から左手の指に欠損があるというものです。

小学校の授業では、片方しか手を使えないことで恥ずかしい思いをしたこともあり、ずっと引っ込み思案な性格だった太田選手ですが、小学1年生の時の担任の先生のある言葉で乗り越えます。

それは「左手を見せて友達になれないの?」という言葉。

一見突き放したような言い方ですが、このストレートな言葉によって「人と違うと友達になれない」と、小学生からずっと障害のことで思い悩んでいた太田選手は友達を作ることができました。

その後、校内スキー大会でリレー選手にもなり、大活躍した時に、声援を受けて走ったのが自分自身にも自信をもてたきっかけとなった、と太田選手は語っています。

人前に出たことで大きく成長したということですよね。

ここあ
「先天性左手前指欠損」という障害を感じさせない強さをもつ太田渉子選手には、東京パラリンピック2020でメダルを目指して頑張ってほしいですね!!

他のオリンピック選手についてはこちら

東京オリパラ出場選手特集

太田渉子がパラテコンドーを始めたきっかけ

実は…太田渉子選手は最初からパラテコンドーの選手だったわけでなく、山形県尾花沢市出身ということを生かして取り組んでいたスキーの「クロスカントリー」という種目のパラリンピック選手でした。

2006年のトリノパラリンピックでは、初めてのパラリンピック出場で堂々の銅メダルをとり、2010年にはバンクーバーパラリンピックにも出場を果たし、その後2014年に引退しています。

その後、パラテコンドーを始めるきかっけとなったのは、引退後に就職し働いている時にパラテコンドーと出会ったことでした。

引退後は「早く社会に出て仕事をしたい!」という思いが強く、毎朝同じ時間に起きて同じ電車に乗っていくのが楽しかった太田選手ですが、楽しいのは最初の1-2か月だけでだんだん窮屈に…。

引退後就職した会社はデスクワークが中心だったとのことなので、それまでパラリンピックを目指しスポーツをしてきた太田選手にとっては、ムズムズしてしまう時間だったのかもしれませんよね。

そして、そんな時に出会ったのがテコンドーだったわけです!!

具体的には、東京パラリンピックの、ある事業で知ったそう。

そこからパラテコンドーが東京大会からの新競技と知ってがぜん興味がわいた太田選手はすぐに行動にでます。

さっそく岡本依子コーチ(テコンドーで日本人初のメダル)のもとで、テコンドーを見学。

その際にいきなり「金メダルを取る人だから」と紹介された太田選手は、それがきっかけとなり「自分しかできない」と競技者になることを決意したそう。

そして今では「パラテコンドーを普及させたい!」という思いが強くなっているとのことです!

スキーで培った素晴らしい体幹や抜群のバランス能力のおかげで、パラテコンドー開始からわずか1年でアジア大会銅メダルを獲得。

太田渉子選手の必殺技「強い蹴り」は、体幹の強さと強靭な下半身から作り出されています。

ここあ
早く鋭い蹴りが繰り出すことで相手選手を場外に押し出し、さらには押しとばす姿には太田選手の美しい強さを感じますよね!

蹴りでの2ポイントと場外での1ポイントを獲得できるこの効率的な戦い方も太田選手の強さです。

ねこ
また、東京2020パラリンピックでは回し蹴りよりも強い蹴りがけれるという太田選手の「カット」と呼ばれる技にも注目。

太田渉子にとっての母親の存在

2019年に行われたトルコでのパレテコンドー世界選手権でランキング1位の選手を破っての銅メダルを獲得した太田選手。

つねに母と祖母の思いを近くに感じているそう。

実は…太田渉子選手が10歳の時にお母さんは亡くなっているんです。

太田選手は、母親のTシャツで作った巾着袋を肌身離さず持ち歩いています

きっと東京パラリンピックでもその母親の存在そのものである巾着袋が太田選手にパワーを与えてくれることでしょう。

お母さんの存在を近くに感じながら、パラテコンドーを続ける太田選手はいつも前向きです。

東京パラリンピックが延長となったときにも「たくさんの方が世界中からきてくれる最高の舞台で、見に来てくれた人と最高の喜びをわかちあいたい!延期されたことで準備できる時間が増えた!」と、前向きな言葉を語っていました。

小さいころから両親が太田選手に贈っていた「なんでも工夫してできるようになるまでがんばりなさい」という言葉が、今でも太田選手を支えています。

太田渉子(パラテコンドー)の彼氏や結婚は?

2021年現在32歳となる太田渉子選手ですが、彼氏がいたり、結婚はされているのでしょうか?

こちらについてはかなりプライベートなことですが、現時点では彼氏がいるという情報はありませんでした。

とても美人な太田選手ですが、ご結婚もされていません

パラテコンドーを始める前には、パラスキー選手として大活躍されていた太田選手なので、彼氏を作ったり結婚相手と出会う機会というのが時間的になかったのではないでしょうか!

ただ、太田選手の前向きな性格なども考えると、表に出ていないだけでお付き合いしている方はいるような気もしますよね。

もしそのようなお相手がいても、ご結婚はやはり東京パラリンピックが終わってからになるのではないでしょうか。

ここあ
今後の太田渉子選手の彼氏や結婚などの新しい情報にも注目です。

他のオリンピック選手についてはこちら

東京オリパラ出場選手特集

東京オリンピックパラリンピックの放送って、平日の昼間だとお仕事の方はその時間なかなか観ることができないし、子育てで手が離せないとしっかり観戦できませんよね…。

「大事な試合を見逃してしまった!!」「あの感動をもう一度みたい!!」という場合には…

この3つのサイトから、登録不要&無料視聴することができます!!

また、U-NEXTでは、なんと1964年の東京オリンピックのドキュメント作品を見ることができます。

1964年の東京オリンピックの、有観客でのすごい盛り上がりや、開会式の各国の衣装や入場の行進の様子各競技の様子はもちろん感動的な閉会式の様子も…!

2020東京オリンピックパラリンピックの様子との大きな違いを感じます…。

U-NEXTの31日間の無料体験期間を使えば、無料で見れるので気になる方はぜひ!

U-NEXTで1964年東京オリンピックをみる!
※本ページの情報は2021年7月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

まとめ

  • 太田渉子選手の障害は、「先天性左手前指欠損」というもので、生まれた時から左手の指に欠損があるというものだった
  • 小学生になってからも障害のことでずっと思い悩んでいた太田選手がそれを乗り越えたきっかけは、小学1年生の時の担任の先生の言葉だった
  • 太田選手にとって10歳のころに亡くなった母親の存在は、とても大きなもので、形見のTシャツでつくった巾着袋はつねに持ち歩いている大事なものだった
  • 美人で笑顔が素敵な太田選手だが、彼氏がいたり結婚されているという情報はなかった

sponsored link

-2020東京オリパラ出場選手

© 2021 あたらしいもの好き&くいしんぼうな薬剤師ママブログ Powered by AFFINGER5