ファッション

モンクレールのダウンのお手入れ方法!メンテナンスと長持ちさせるための保管の仕方

モンクレールのダウンのお手入れ方法の記事タイトル

sponsored link

愛用のモンクレールのダウンを大事に長く着用するために、お手入れ方法やクリーニング後の保管方法をどうすれば良いのかとお悩みの方も多いことでしょう。

そこで!

ここあ
モンクレールのダウンの襟汚れが気になる時に自分でも洗濯できるのか?お手入れの仕方や、長持ちさせるためのメンテナンスと保管の仕方についてのポイントをご紹介いたします。

モンクレールのダウンのお手入れ方法

ドラム式洗濯機

まずはモンクレールのダウンのお手入れ方法にはどんな方法があるのか?詳しくチェックしておきましょう!

自宅で洗うのとクリーニングどっちがおすすめ?

モンクレールのダウンは高級ダウンであることを考えると、プロの手に任せたいところですが、絶対に家で洗濯ができないというわけではありません。

素材によっては洗濯できないモデルもありますので、自宅で洗うことを検討する場合は、洗濯表示をよく確認してからどうするか判断しましょう。

ナイロン素材であれば家で洗濯できないことはありませんが、特殊な生地やファーを取り付けているモデルは自宅での洗濯はできないと考えたほうが良いでしょう。

また、自宅での洗濯には限界があり、自宅の洗濯機を使ったり、手洗いをしたりするだけでは汚れをしっかり落とせないことも多いです。

家庭用洗濯機ではダウンを洗うのに十分な水量とは言えないため、洗浄力が足りなかったり、洗濯液がダウン内部まで行き渡らず、洗浄不良となり悪臭の原因となったりすることが考えられます。

さらに、洗剤が残った状態で乾燥してしまうと変色や臭いの原因になることもありますし、乾燥が上手くいかないとダウンのボリュームダウンに繋がることもあります。

ここあ
このように簡単にお洗濯ができるわけではないことを考えると、やはりクリーニングに出すのが一番安心と言えるでしょう。

襟の汚れは自分で洗濯できる?

襟の汚れは特に気になる部分ですが、自宅で洗濯できるのは表地、裏地ともにポリエステル・ナイロンのダウンです。

天然ファーが取り外せないタイプのものやオールレザー、一部レザーが使用されているものは例え襟の部分だけであっても自宅で自分で洗濯するのは避けたほうが良いでしょう。

襟だけを洗濯しようと思っても失敗した場合に修復するのは困難である場合も多いので、自信がない場合はクリーニング専門店に依頼することをおすすめいたします。

ここあ
失敗してしまった時のことを考えるとやはりクリーニングに出すのがおすすめ!

自宅で洗濯する時の注意点

ダウンジャケットに使用されているダウンは水鳥の羽毛のため、水洗い洗濯をしても良いことになりますが、洗濯機の全自動モードなどの方法で洗濯するのは避けなければなりません

洗濯により表面の汚れだけではなく、羽毛の油分も取り去ってしまい、ダウンのボリュームが減ってしまうおそれがあります。

その結果、ダウンの保温効果が落ちてしまいます。

また、洗濯方法を誤ることで、ダウンが偏ってしまったり、破れてしまったりする心配もあります。

ここあ
少しでもリスクを下げるために、ダウンジャケット用の専用洗剤を使用し、必要以上にダウンの油分を落とさないよう注意しましょう。

モンクレールのダウンの日々のメンテナンス

黒いハンガー

モンクレールのダウンの日々のメンテナンスとして、まず基本中の基本は適当なハンガーに吊るして保管することです。

針金のハンガーでは肩部分の型崩れの心配がありますので、肩の部分が厚めになっているハンガーに吊るすのがおすすめです。

また見た目には分かりづらいですが、表地にはホコリがついていることがあります。

ダウンジャケットの表地は静電気が発生しやすくホコリが付きやすいため、手で払うだけではなく、帰宅したらすぐにブラシでホコリを落とすようにしましょう。

そして日々のメンテナンスとして着用するたびにブラシでホコリをきちんと落としてから、適当なハンガーに吊るして保管されることをおすすめいたします。

ここあ
これにプラスしてシーズンごとのクリーニングがおすすめ!

 

 

モンクレールのダウンを長持ちさせるための保管方法

モンクレールのダウンを長持ちさせるためには、着用する季節ではない時に適切に保管し、傷みや保温機能の低下を防ぐことが必要です。

モンクレールのダウンは、中に羽毛が入っており、柔らかい着心地と、暖かさが特徴ですが、その機能を守る保管方法で保管しなくてはなりません。

羽毛に圧力がかかったり、湿気の溜まりやすい場所に保管し続けていたりすると、羽毛の持つ保温力が低下してしまいます。

そのため、ダウンをクローゼットに詰め込んで収納したりすると保温機能が失われ、ダウンとしての機能が損なわれてしまいます

ねこ
ついやりがちなので注意!!

クローゼットの中は余裕のある空間になるよう収納し、除湿剤を使ったり、ダウンジャケットをクローゼットから定期的に出して日陰に干したりして、湿気がたまるのを防ぐことが大切です。

また、肩部分に厚みのあるハンガーに吊るして、不織布のカバーをかけておくことをおすすめいたします。

ここあ
不織布は湿気が溜まりにくいので、ホコリや汚れがダウンに付着することも予防できますよ!

今人気のモンクレールダウンのモデルはこちら!

HERMINE

FLAMMETTE

Herbe

まとめ

モンクレールのダウンを長くきれいな状態で愛用するためには、日々のお手入れに加え、適切なタイミングでのクリーニングと適切な保管方法での保管が必要となります。

モンクレールのダウンの劣化を防ぎ、ボリュームも保って次のシーズンに備えるには、湿気を溜めない保管方法と、汚れをしっかり落とすことが大切です。

ご紹介いたしましたポイントを押さえて、長期間綺麗な状態で維持することができるよう、正しい方法でのお手入れと保管をされることをおすすめいたします。

-ファッション