2020東京オリパラ出場選手

レスリング向田真優のプロフ!旦那は大学のコーチ!結婚馴れ初めを調査

3つの旗

sponsored link

2019年の世界選手権で銀メダルを獲得し、東京五輪の代表が内定している向田真優選手。

小学生の頃からたいへん強い選手で、そして可愛いルックスからも人気の高い選手です。

そして、「ポスト吉田」とも呼ばれており、金メダルの期待もかかります!

また、2019年に至学館大学のコーチと婚約されたニュースに驚いた人も多いかもしれません。

ノコ
そんな向田真優選手のプロフや経歴、旦那さまや結婚の馴れ初めについて気になるところをチェックしていきます。

 レスリング・向田真優の名前の読み方やプロフィール

3つのメダル

まずはレスリングの向田真優選手の出身地などのプロフィールを確認していきましょう。

  • 名前:向田 真優(むかいだ まゆ)
  • 所属:ジェイテクト
  • 生年月日:1997年6月22日
  • 年齢:22歳(2020年4月現在)
  • 出身地:三重県四日市市
  • 身長:157cm

向田真優選手はレスリング女子53kg級の選手です。

タックルを得意として、攻撃的なプレーが特徴で、ルックスもとても可愛く人気が高い選手です。

霊長類最強女子とも言われた吉田沙保里さんと同じ階級で、同じ三重県出身、同じ大学卒業で後継者として期待されていることから「ポスト吉田」と呼ばれています。

2019年のレスリング世界選手権で銀メダルを獲得し、東京五輪の代表の切符をつかみました。

ノコ
「ポスト吉田」なんて頼もしすぎです!

レスリング向田真優の経歴

「ポスト吉田」と呼ばれる向田真優選手のこれまでの経歴も振り返っていきます!

  • 5歳でレスリングを始め、小学2年生で三重県大会で優勝
  • 全国少年少女選手権大会では4連覇を達成
  • 小学生時代の好成績が目に止まり、JOCエリートアカデミーの入校推薦
  • 中学校から親元を離れ、エリートアカデミーに入校
  • 中学校2年生で全国中学選抜選手権52kg級で優勝、大会会長賞受賞
  • 高校1年生ではインターハイで優勝
  • 高校2年生ユースオリンピックで優勝
  • 高校3年生で国際大会シニアの部で優勝
  • 2016年には世界選手権で優勝
  • 2017年と2018年のワールドカップで2連覇
  • 2019年全日本選抜選手権で優勝
  • 2019年世界選手権は準優勝

そして、東京五輪の内定がきまりました!

経歴を見るとたいへん華々しく、日本では敵なしで、向田真優選手が「ポスト吉田」といわれるのがわかります。

ノコ
これからの向田選手からも目が離せません!

向田真優の高校大学とレスリングを始めたきっかけ

向田選手の高校や大学、レスリングを始めたきっかけは何だったのでしょうか?

向田真優選手の出身高校は東京都の安部学院高校で、全国屈指のレスリング強豪校です。

私立の女子高校で、制服が可愛いと人気の高校。

大学は至学館大学です。

至学館大学のレスリング部の卒業生には、吉田沙保里さん、伊調馨さん、登坂絵莉さんなど、世界で活躍する選手が多いです。

吉田沙保里選手は2016年11月から2018年8月まで至学館大学の副学長を務めていました

向田真優選手は、吉田沙保里さんと代表合宿で練習を共にしていたそうです。

向田真優選手は、母と姉の影響で空手を習い始めます。

しかし、向田真優選手の父淳史さんがレスリングを勧め、5歳でレスリングに転向します。

淳史さんは、全日本ブラジリアン柔術選手権アダルト青帯ペサード級準優勝を飾るなど好成績を残した格闘家であり、娘にも格闘技を経験させたかったのだと思います。

ノコ
父淳史さんの勧めがあってこそ、現在の向田真優選手の活躍があると思いますが、もし空手を続けていたら空手で有名な選手になっていたかもしれませんね!

可愛い向田真優の結婚や旦那との馴れ初め

毛糸のハート

向田真優選手は、2019年10月に、10歳年上の至学館大学のコーチ志土地翔大さんと婚約をしました。

2人は、東京五輪後に結婚する予定です。

至学館大学で職員と学生という関係で出会い、恋愛に発展したそう!!

職員と学生の恋愛のため、問題視する声はあったそうですが、志土地翔大さんは「こういう関係になった以上、責任をとって自分なりにけじめをつけました」と話しており、2019年9月25日に至学館大学に辞表を提出しています。

向田真優選手を肩車しているのが志土地翔大さんです。

この写真の様子から、とても信頼の厚い師弟関係ができているように感じます。

志土地翔大さんもレスリングの経験者で、2007年・2008年の全日本大学選手権で2位を獲得するなど有名な選手でした。

その辺りも、恋愛結婚のきっかけになったに違いありません。

至学館大学を退職し、婚約という形で男としてのケジメをつけた志土地翔大さん

松田真優選手を公私共に支え、2人3脚で東京五輪金メダルを目指して欲しいです!

東京五輪で2人が肩車している姿を見ることを楽しみにしています。

東京五輪の代表に内定し、「ポスト吉田」と言われ金メダルの期待がかかる向田真優選手。

ノコ
今後の活躍の期待し、応援しています♪

まとめ

  • 向田真優選手は、「ポスト吉田」と言われ、2019年の世界選手権で銀メダルを獲得し、東京五輪の女子53kg級の代表に内定していた
  • 向田真優選手の出身高校は安部学院高校、出身大学は至学館大学だった
  • 向田真優選手は、母と姉の影響で空手を習い始めたものの、ブラジリアン柔術経験者の父淳史さんの勧めでレスリングを5歳から始めていた
  • 向田真優選手は、至学館大学のコーチであった志土地翔大さんと2019年の10月に婚約し、東京五輪後に結婚される予定

sponsored link

-2020東京オリパラ出場選手

© 2021 健康が1番! 薬剤師ママと3人の子どもたち  Powered by AFFINGER5