スポーツ

新国立競技場で雨に濡れない席は?雨天時の観戦での必須アイテムとは!

雨が降りそうな国立競技場

sponsored link

来週は国立競技場でサッカーの試合を観戦する予定なのに、あいにくの雨予報…。

しかも国立競技場って屋根が開閉式じゃないので閉じないんですよね!!

ということは…観戦席に座っていて雨で濡れてしまう可能性が。

国立競技場の観戦時に雨で濡れない席はあるのでしょうか?また雨天時の観戦で必須のアイテムは何なのか?

ここあ
試合を観に行く前にチェックしておきましょう。

国立競技場で雨に濡れない席

新しくなった国立競技場は屋根が閉じないので雨でびしょ濡れになるんじゃないか?と心配の声も…。

雨に濡れない席はある?

でも!そんな国立競技場で雨に濡れない席というのは存在します!!

実は…小雨ならばほとんどの席で雨に濡れるということはないようです。

もちろん中央に屋根のない部分があるので、部分的には雨で濡れてしまう席はあります。

ですが、意外にも濡れない席の方が多いようです。

雨に濡れない席はどこ?

では実際に雨でも濡れない席はどこなのか?がポイントになって来ますよね。

こちらについてはその日の風向きや雨風の強さによって大きく変わってくるようです!!

例えば国立競技場の南側から吹いてくる風だった場合、北側のスタンド席が濡れやすくなります。

逆に北から吹く風の日の場合は、南側が濡れやすい席となるということ。

なので、国立競技場での試合の日の風向きは要チェックです!!

Yahoo!の風予報はこちら

日本気象協会のアメダス実況(風向き風速)はこちら

国立競技場の断面図

国土交通白書より画像引用

また、国立競技場の断面図を見てみるとよく分かるのですが、夏の暑さ対策として風が通るように作られています

と、いうことは…一番上の席だと風向きによって雨がふきこんでくることがあるということです!!

例えば…

南からの風が吹いている日は南側スタンドの一番上の段の席が濡れやすくなるということです。

ねこ
なので、一番上の方の席の方も雨濡れに十分ご注意を…。
ここあ
断面図をみると、意外と屋根がスタンド全体を覆うようにせり出しているのがわかりますね♪

国立競技場での雨天時の観戦で必須のアイテムとは

どんよりした天気

国立競技場ではほとんどの席が雨に濡れないとはいえ、雨天時の観戦で念のため持っていくべき必須アイテムもお伝えしておきますね!

  • レインコートやポンチョ
  • タオル最低2枚
  • 着替えの服や靴下
  • 荷物を守る大きなビニールやカバー
  • 濡れたものを入れる中くらいのビニール袋数枚

レインコートやポンチョが必要になるのはすぐわかるかと思います。

試合の観戦時には傘を広げることはできないので、レインコートなどを用意しましょう。

また、タオルは最低でも2枚あると使い分けができ便利です。

足に使ったものを頭に使うのは嫌ですし、別に用意してあれば濡れた座席を拭くこともできます!

ポンチョタイプなら中に着ている服を選ばずパッと着れるので試合の観戦時には便利です!

またユニフォームの色が透けて見える透明タイプがおすすめ

\ 寒さ対策や食べ物についてはこちら /

お家でのスポーツ観戦ならDAZNがおすすめ!

好きなスポーツを好きなだけ!

いつでもどこでも好きなデバイスで観戦できます。

DAZN(ダゾーン)

ライブ中継からオリジナル番組まで見放題なのがうれしいポイント!

なかなか現地での観戦は難しい海外サッカーなどの試合もチェックできます( *´艸`)

トライアルがあるのでまずは体験だけでも!ハマりますよ♪

まとめ

国立競技場ではほとんどの観戦席で雨に濡れないことが多いですが、風向きや雨風の強さによっては部分的に濡れる席が出てきます。

その日の風向きをチェックして自分の席が濡れる可能性があるのかないのか?は確認しておきましょう。

国立競技場での雨天時の観戦での必須アイテムは、レインコートやポンチョ、タオル類やビニール袋です!

必要に応じて最低限準備しておけばいざという時役に立つはず。

-スポーツ