気になったこと

so-so(ビートボックス)の本名!いったい何者?出身地や経歴もチェック

so-so(ビートボックス)の本名

sponsored link

ビートボックスで世界大会4位という快挙をなしとげたSO-SOさんが今話題になっています!

世界大会では、会場の海外の観客を盛り上げるSO-SOさん。

その動画の再生回数もかなりの回数となっており、今後の活躍が期待されますよね。

ここあ
そんなSO-SOさんの本名は何なのか?いったい何者か、出身地や経歴もチェックしていきます。

so-so(ビートボックス)の本名や名前の由来

ビートボックスがスゴイと話題のSO-SOさんは、日本人なので、SO-SOというのはもちろん本名ではありませんよね。

SO-SOさんの本名は…「加藤創太」さんです。

ビートボックスを始めるようになって、SO-SOという名前で活動しているということですね!

SO-SOさんの「SO-SO」という名前の由来も、この本名「加藤創太」から由来している可能性が高いですよね。

朝の情報番組「スッキリ」で、SO-SOさんを紹介した際に、コメンテーターから

もしかしたら、「SO-SO」は英語のsosoとかけて「まぁまぁ」という意味もあるのではない

と言われていました。

調べてみたところ…

「so-so」という意味は「まぁまぁ」という意味だけでなく、

「普通と悪いの間」という意味もあり、このあたりもSO-SOさんの名前の由来なのではないか!と思いました。

ここあ
また名前の由来が何か判明したら、追記していきますね。

so-so(ビートボックス)はいったい何者?出身地や驚きの経歴もチェック

謎に包まれたSO-SOさんは「のび太くんにも似ている!」とも言われています。

確かに似てます。

いったい何者なのか。出身地や経歴もチェックしていきましょう。

SO-SOさんは…

  • 1999年10月13日生まれ
  • 21歳(2021年現在
  • 大阪府高槻市出身

なんと実は、小学生から劇団に入り、子役としても活動していたというSO-SOさんは、子役劇団時代にはソプラノが得意で、その経験も今のビートボックスに生かされているそう!

SO-SOさんの得意とする”ヒューストンボイス”と言われる高音ボイスは、この劇団時代の経験があってこそだったということですよね。

人生何がどこで役に立つのかわかりません。

そして、高校1年の時にビートボックスと出会い、その1年後、2年生のときに母親に「ループステーション」と呼ばれる録音機器を買ってもらい、夢中になったそう。

そして、2018年には「大阪音楽大学」に入学。

本格的な音楽の勉強もされているということです!

ここあ
2019年からはシングルやアルバムやコラボも出しており、これからの活躍が楽しみですね。

まとめ

  • so-so(ビートボックス)の本名は、「加藤創太」さんという名前だった
  • so-soの名前の由来は、本名から由来していると思われたが、英語の意味も掛け合わされている可能性も高かった
  • so-soの出身は大阪で、大阪音楽大学も卒業していた
  • so-soは劇団の子役を10年しており、その時の経験がビートボックスにも生きていた

sponsored link

-気になったこと

© 2021 あたらしいもの好き&くいしんぼうな薬剤師ママブログ Powered by AFFINGER5