2020東京オリパラ出場選手

坂井丞(しょう)は家族で飛び込み選手!父親と二人三脚のトレーニング法とは?

sponsored link

2020年東京五輪最初の日本代表内定者の飛び込みの坂井丞選手。

2019年の世界選手権で7位入賞を果たし、東京五輪の切符をつかみました。

高校時代から日本を代表する選手であり、リオデジャネイロ五輪に続いて2大会連続の五輪代表です。

坂井丞選手は、2019年にコリン性蕁麻疹に悩まされていることを公表しました。

ノコ
今回は、病気を抱えながら東京五輪代表に内定した坂井丞選手のプロフィールやトレーニング方法、ご両親や病気についてまとめました。

 

 

 

2020年東京五輪飛び込みの坂井丞の名前の読み方とプロフィール

さっそく坂井丞選手のプロフィールや名前の読み方を確認していきます!

名前:坂井丞(さかい しょう)

所属:ミキハウス

生年月日:1992年8月22日

年齢:27歳(2020年3月現在)

出身地:神奈川県相模原市

身長:171cm

体重:58kg

坂井丞選手の名前の読み方は「しょう」です。

坂井丞選手は、両親・姉妹ともに飛込選手の飛び込みサラブレッドであり、

現在も父親の弘靖さんがコーチを務めています。

最初に出場した大会は幼稚園のとき、小学5年生で全国大会優勝、中学2年生で世界ジュニア大会に出場するなど

2世ダイバーとして小さいころから才能を開花させていました。

また、子供の夏休みの旅行は両親の飛び込みの大会についていくという、飛び込みをするしかない環境で育ったようです。

 

 

 

坂井丞(しょう)の経歴&高校大学と病気

現在27歳の坂井丞選手。

これまでの経歴や病気について振り返っていきます。

坂井丞選手は高校時代、インターハイ板飛び込み・高飛び込みで3年連続二冠を達成します。

高校在学の2009年・2010年には日本選手権でも優勝し、2009年以降6大会連続で世界選手権の日本代表として選出されます。

坂井丞選手は高校時代の若いときから、飛び込みで日本を代表する選手として活躍されていたようです。

 

そんな坂井選手の高校は麻布大学附属淵野辺高校

その後、日本体育大学体育学部に進学しています。

ノコ
日本体育大学は、両親の出身大学であり、坂井丞選手も同じ大学に進学したということですね!

 

 

そして、2013年の世界選手権では3m板飛び込み8位で、世界選手権で初めて入賞すると、

2014年にはアジア大会で3m板飛び込みで銅メダルを獲得。

2016年FINA飛び込みワールドカップ3m板飛び込みで準決勝に進出すると、

リオデジャネイロ五輪の切符をつかむものの、五輪では22位と予選敗退します。

2018年アジア大会で12歳年上の寺内建選手と3mシンクロ板飛び込みで銅メダルを獲得し、

相性の良さを証明します。

2019年の世界選手権でも相性の良い寺内建選手と3mシンクロ板飛び込みに出場し7位入賞を果たし、

2020年の東京五輪代表に内定しました。

 

 

このように飛び込み選手として、輝かしい成績を収めている坂井選手ですが、

2010年からコリン性蕁麻疹に悩まされていることを2019年に公表しました。

 

コリン性蕁麻疹とは、

  • 運動・緊張で汗をかくことで痛みを伴う細かい蕁麻疹がでる
  • 蕁麻疹は痛みを伴う
  • 突発性で、原因が分からないことが多い
  • 子供~20代までによく発症する

 

といった病気で、大学1年生のときに発症していたものの

当初は冬の間のみで春になると症状がおさまっていたようです。

ネコ
このような病気を抱えての世界選手権やアジア大会だったということだね!

しかし、2019年はシーズンインしても痛みが治らず、練習を十分にこなすことができないなか、東京五輪の切符を手にしました。

同じ病気に悩まされている人も多くいらっしゃると思いますが、

坂井丞選手のオリンピック出場はそのような方たちに勇気を与えるような活躍だと感じます。

 

 

 

飛び込みの坂井丞(しょう)の両親とトレーニング方法

前述した通り、坂井丞選手のご両親も日本体育大学出身であり、飛び込みの選手でした。

 

この投稿をInstagramで見る

 

#トレーニング

sho.sakai 坂井丞(@showsky.22)がシェアした投稿 -

そして、父親の弘靖さんが現在もコーチを務めています

佐賀県江北町出身の父親の弘靖さんも、飛び込み選手として活躍していた方で、

全国高校総体で2位に入るなど国内のトップ選手でした。

その後のロサンゼルスオリンピック日本代表選考にも出場しましたが、代表には選ばれず引退しています。

引退後は、ダイビングスクールのコーチとして子供たちに指導していましたが、

そこで坂井選手の母親である、日本大学の同級生だった由美子さんと再会し、結婚することになります。

結婚後、坂井選手と2人の姉妹、合わせて3人のお子さんが産まれ、

子供たちは自然に飛び込みの世界に引き込まれていきます。

そんな坂井選手への飛び込みのトレーニングは、まずは基本を母親の由美子さんが教え

小学生になると、父親の弘靖さんの指導へと引き継がれます。

親子で目指した理想の飛び込みは、「真っすぐに飛び上がり、そのまま入水する」という基本の形

ノコ
この基本を徹底したトレーニングが、現在の坂井選手の水しぶきを抑えた美しい入水技術に結び付いているということですね!

親子二人三脚で目指す東京オリンピック。

現在は、練習メニューは坂井選手自ら考え、父親の弘靖さんは飛び込む姿を動画に収め

それについてアドバイスをするような形になっているとのこと。

ノコ
父親の到達できなかったオリンピック。 そこに向かって2人で頑張ってほしいですね!

 

 

 

イケメン坂井丞(しょう)の彼女や結婚

イケメンの坂井丞選手。

坂井選手は彼女がいたり、結婚されているのでしょうか?

坂井丞選手は、現在ご結婚もされており、結婚記念日の10月10日には、

東京ディズニーランドに行った写真がSNSに掲載されていました。

(現在削除されているようです)

 

また、2016年1月に第1子の男の子も誕生しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

こどもが、パパの顔を描いてくれました😍 かわいー😚 #子ども

sho.sakai 坂井丞(@showsky.22)がシェアした投稿 -

 

この投稿をInstagramで見る

 

洗車後の車拭き手伝ってくれた😏 #洗車

sho.sakai 坂井丞(@showsky.22)がシェアした投稿 -

現在4歳とやんちゃ盛りな子供にも力をもらい、トレーニングに励んでいるのだと思います。

 

 

 

まとめ

  • 坂井丞選手は、シンクロ板飛び込みで東京五輪に代表内定しており、両親とも飛び込み選手のサラブレッドだった
  • 坂井丞選手は2010年からコリン性蕁麻疹を患っていたが、病気と向き合いながら素晴らしい成績を残していた
  • 坂井丞選手の出身高校は麻布大学附属淵野辺高校で、出身大学は日本体育大学体育学部だった
  • 坂井丞選手はご結婚されており、2016年1月に男の子が産まれ、現在4歳の子がいた

 

コリン性蕁麻疹を患いながらも、東京五輪の切符を手にした坂井丞選手。

東京五輪と今後の活躍を期待し、応援しましょう!

sponsored link

sponsored link

sponsored link

-2020東京オリパラ出場選手

© 2020 健康が1番! 薬剤師ママと3人の子どもたち  Powered by AFFINGER5