子育て

【子供のスマホ写真】現像派?フォトブック派?12年目の私の後悔とおすすめ整理術

sponsored link

子供が生まれて、とっても可愛いその小さい口や手や、しぐさや笑顔に・・

夢中になって何枚も撮った思い出の写真。

その後は、幼稚園の行事や家族旅行、七五三やクリスマスにお正月!

下の子も生まれたりしてさらにどんどん増えていく思い出の写真。

ずっと撮りためてきた大事な大事なスマホの写真、どうしていますか?

現像していますか?それともフォトブックにしてる?

もしかして・・子育てに忙しくて何にもしてない・・とか

子育て歴12年の私は、途中まで何にもせずにスマホに入れたままにしていました・・。

ノコ
12年経って感じている後悔もお伝えしつつ、スマホ写真のおすすめ整理術を紹介していきます!

 

子供のスマホ写真は現像派とフォトブック派どっちが多い?メリットデメリットもチェック!

子供が生まれてきてくれてから、成長とともに溜まっていく大切なスマホ写真。

スマホで手軽に撮れることで、何気ない日常の一枚をどんどん撮れるようになって本当に便利ですよね。

でも・・毎日育児に仕事に忙しいと、整理する時間もとれずそのままになりがち・・。

ノコ
わかります・・。まさに私がそうでした。

世の中のママたちはいったいどうしているのでしょうか?

ざっとネット検索してみると・・

最近では手軽に短時間でスマホから作ることができる、フォトブックを選択する人が多いよう。

でも、フォトブックにもメリットデメリットがあり・・・

  • 安いものだと小さくて質の悪いものになってしまう
  • レイアウトなどを考えてから注文ということになるのでそれが面倒

などの理由から、現像する方も一定数いらっしゃいます。

そして、現像している方は、無印良品のフォトアルバムを利用している方が断然多いです!

無印良品オンラインショップより引用

とっても使いやすそう。

どちらにせよ、やはりスマホの中にデータとして眠っているよりも、プリントアウトして手に取って見える形にすることで、気軽に子供と一緒に「この時はこうだったね~」とか振り返ることができるのが最大の魅力となっています。

ただ、現像する場合、ネットで頼む場合と、お家でプリントアウトする場合とで、全く質が違い、どうしてもお家でプリントすると長期保存に向かないという面があります・・。

もし、現像する場合には、しまうまプリントなどの専門店で大量に一気にネットで安く頼んでしまったほうが、お得にしかも高品質の写真が手に入りますね。

現像か、フォトブックか・・。

一長一短あるので、自分のライフスタイルや好みに合わせて選ぶとよいのではないでしょうか!

ノコ
それぞれのメリットデメリットを考えて選べるとよいですね。

 

子供のスマホ写真の私のおすすめ整理術!12年目の後悔もお伝えします

子供のスマホ写真を撮りっぱなしにしてどんどん溜め込んでしまっていた私・・。

一番上の子が今度12歳なので、子育て12年目になります。

一番上の子が生まれて、慣れない子育てにワンオペ育児・・。

子供が可愛くて写真は撮りまくりますが、現像したりアルバムにしたり、整理するという考えが全くなかったです。

そのうち仕事も再開したので、ますます整理する時間はないし、幼稚園に行くようになれば、一年間にいろいろなイベントがあるしで、さらにスマホ写真のデータは山積みに・・。

でも、6年ほど前、子育て6年目にして出会ったのが、スマホの機種変更時にドコモショップで店員さんが勧めてくれたドコモ子育て応援プログラムの「dフォト」です。

子供が三人いる私にとって、子育て特典が満載の「dフォト」はメリットしかなかったので利用を開始しました。

ドコモ子育て応援プログラムの「dフォト」の特典はこちら!

  1. 12歳まで毎年子どもの誕生月にdポイントを3000ポイントゲット
  2. dフォト最大13か月無料
  3. クラウド容量オプションプラス50GBを小学校卒業まで無料
  4. dキッズ最大13か月無料

私が利用を開始した当初は、クラウドでの保存容量はオプションプラスはつかなかったのですが、途中でオプションプラスも無料となり、さらに便利になりました。

そして、毎月1冊ずつ無料でフォトブックを作ることができるので、手が空いているときに好きな写真を選んで、注文するだけ

注文後は1週間ほどで指定した住所に届きます。

私はこれを定期的に行って、スマホ写真を毎月フォトブックにしています!

編集もとっても簡単だし、もしその余裕がなくて好きな写真を選んだだけでももちろんフォトブックにできます。

ノコ
もっと早く出会いたかった・・!!

dフォトはコチラ

「dフォト」に出会う以前のスマホ写真はフォトブックにしてなかったので、コツコツ毎月振り返りながらフォトブックにしていますが、当時の記憶も薄れていて、「これはいつの写真だろう??」とか「何の写真かな?」というものも残念ながらたくさんです・・。

なので、声を大にして伝えたいです!

子供の大事なスマホ写真は、「いつか素敵にまとめよう!」と後回しにしないで、ひとまず定期的にアウトプットした方が絶対に良いです!!

もし、後からきちんとまとめたければ、その時改めて作ればよいと思います。

「いつかやろう」「あとでやろう」は、ほとんどの場合、やらずに過ぎてしまいがち!!

ノコ
ぜひ、この機会にお好みの方法で、スマホに溜まったスマホ写真を整理&アウトプットしてくださいね。

ちなみに・・

幼稚園や学校の行事や旅行の写真など、特別な写真はハードカバーのフォトブックで頼んで、おじいちゃんおばあちゃんのお家にも送るようにしています

ハードカバーの方は、追加料金が発生しますが、紙質が良くてしっかりしているので、贈り物に最適なんです。

実際に七五三の写真も「dフォト」のハードカバーのフォトブックを利用して、写真屋さんに本格的に頼むとは別に、両家と自宅用に3冊作っちゃいました。

ノコ
手軽にお安く作れるのも、毎日忙しい中でもフォトブックを作ろうと思える大事なポイントですよね。

 

 

まとめ

  • 子供のスマホ写真のアウトプットには、現像派とフォトブック派の方がいて、最近はフォトブックにする人が多いようです
  • 現像する場合もフォトブックにする場合も、それぞれにメリットデメリットがあるので、ライフスタイルや将来子供に渡したい方法を考えて作成するのがおススメです
  • 私の場合は、ドコモユーザーにとってもお得な「dフォト」を利用して撮ったスマホ写真を毎月フォトブックにしています
  • 「dフォト」だと、クラウドにデータの保存もできるので、ついつい溜まってしまうスマホ写真に困っている方にはおススメです

sponsored link

sponsored link

sponsored link

-子育て

© 2020 健康が1番! 薬剤師ママと3人の子どもたち  Powered by AFFINGER5