紅葉

日光・小田代原の紅葉時期の混雑具合!草紅葉の見頃や種類もチェック

小田代原の草紅葉の中の木々

sponsored link

小田代原はミズナラの林に囲まれた元湿原で、「小田代原の貴婦人」と呼ばれる1本のシラカンバの木を撮影するために多くのカメラマンが訪れます。

特に紅葉時期には、草紅葉と木々の紅葉を楽しめるスポットとしても人気となっています。

ここあ
ここでは、紅葉時期の混雑具合と、見頃や紅葉する草木の種類についてご紹介いたします。

小田代原の紅葉時期の混雑具合

小田代原の草紅葉のグラデーション

まずは日光の小田代原の紅葉時期の混雑具合を見ていきましょう!

混む時期

草紅葉の始まる9月下旬、10月上旬頃からは訪れる人がだんだんと増え混雑する時期となります。

特に週末が混み合い、平日は週末ほどではないので、混雑を避けるためには平日に訪れることをおすすめいたします。

混む時間帯

小田代原を訪れる際の駐車場は赤沼車庫か三本松園地になります。

赤沼は小田代ヶ原行きの低公害バスの発着地なので、紅葉時期の週末は朝5時頃には半分が埋まり、7時頃には満車になります。

低公害バスで出かけて散策する方が多いので、午前中はなかなか駐車場が空かず、駐車待ちの車で渋滞が発生します。

赤沼車庫に停められればそのままバスに乗れますが、駐車の回転は三本松園地のほうが早く、更に距離が延びても良ければ光徳牧場の駐車場は穴場です。

小田代原の紅葉の見頃

小田代原の草紅葉の風景2

綺麗な紅葉を見るには小田代原の紅葉の見頃も要チェックです!

草紅葉

小田代原は戦場ヶ原の西に広がる湿地帯で「小田代原の貴婦人」と呼ばれるシラカンバの木が有名です。

紅葉の時期は湿地に広がる草紅葉をはじめ、多くの自然が色づく姿を楽しむことができます。

草紅葉の時期は木の紅葉よりも少し早く、例年9月下旬頃が見頃となっています。

木の紅葉

草紅葉の時期に続いて、木々の紅葉の見頃は10月中旬から下旬頃となっており、小田代原を囲むミズナラの林が美しい黄色に染まります。

小田代原の草紅葉の種類

小田代原は湯ノ湖から流れる湯川の西側地帯の緑豊かな草原地帯で、1㎢もの面積を持つ小田代原には、ミズナラの林に囲まれた広大な自然が広がっているのが特徴です。

初夏から夏にかけてウマノアシガタやホザキシモツケ、ニッコウアザミなど、多くの植物が生育します。

紅葉時期である秋にはミズナラの黄葉をはじめ、草紅葉の鮮やかな光景を楽しめます。

草原の真ん中には「小田代原の貴婦人」と称される一本のシラカンバの木が美しくそびえたち、人気の写真スポットとなっています。

小田代原へのアクセス

小田代原の草紅葉の風景

小田代原へのアクセスで注意しておく点として、直接車で小田代原まで行くことはできないということです!

赤沼からは「ハイブリッドバス」をご利用いただくことになります。

電車の場合は、JR日光駅・東武日光駅からバスに乗って赤沼停留所下車し、低公害バス(ハイブリッドバス)で約8分の道のりです。

徒歩の場合は約35分の道のりとなります。

車で向かわれる場合、低公害バスの発着地に141台駐車可能の無料駐車場(赤沼駐車場)があります。 

まとめ

ご紹介いたしましたように、「小田代原の貴婦人」をひとつのフォトスポットとして有名な小田代原は、紅葉時期には夏の草木の力強い表情とはまた違った趣深い様子を見せてくれます。

都会の喧騒を離れ、広大な自然の中でのびのびと過ごしながら、草紅葉から木々の紅葉に移り変わる景色の美しさとコントラストの変化を楽しんでいただけることでしょう。

-紅葉