気になったこと

【2020最新版】男性名なのに本当は女性だった!少年マンガ作者まとめ

青空の下のマンガ

sponsored link

2020年に大ヒット中の少年マンガ「鬼滅の刃」。

その作者名は、吾峠呼世晴(ごとうげこよはる)先生という謎の新人作家さんで、

もしかして女性なのではないか?と一部で噂になっていました。

そしてついに、女性だったことがわかり、炎上して、ネット上でも話題になっています

それと同時に、吾峠呼世晴(ごとうげこよはる)先生以外にもたくさんの

少年漫画家の女性作家さんがいる!という声もあがっていました。

ノコ
少年青年漫画を描く女性作家の先生をまとめていきたいと思います。

 

女性名で活動する少年マンガの女性作家

漫画を読む男性

まずは女性の名前で漫画家として少年・青年マンガを描いている作家の先生をご紹介していきます。

<ヤマザキマリ先生>

「テルマエ・ロマエ」

映画化もされた「テルマエ・ロマエ」は元はマンガで、しかも女性漫画家さんが描いたものなんです。

書店員が選ぶマンガ大賞2010や、第14回手塚治虫文化賞短編賞も受賞しています。

 

<吉河美希先生>

「ヤンキー君とメガネちゃん」

2010年にはテレビドラマ化もされた略称「ヤンメガ」は、週刊少年マガジンに連載されていたマンガです。

この作品を広告に利用した弘前大学が、8年ぶりに志願率を5倍以上あげたという経歴もあります。

古賀先生は他にも「山田くんと7人の魔女」という少年マンガも描いています。

 

<漆原友紀先生>

「蟲師」

実写映画化もされた「蟲師」も、女性漫画家の青年マンガです。

「文化庁メディア芸術祭漫画部門最優秀賞」や

「第30回講談社漫画賞・一般部門」も受賞しており、

「日本のメディア芸術100選」にも選ばれています。

 

<高橋留美子先生>

「犬夜叉」

週刊サンデーで連載された少年マンガであり、第47回小学館漫画賞受賞作品。

コミックの累計発行部数は4000万部を超える超大作です。

「らんま1/2」

犬夜叉の前作となる作品で、アニメのみならず、実写テレビドラマ化もされています。

「めぞん一刻」

1980年代の恋愛漫画といえばこの作品を思い浮かべる方も多く、

任天堂の元社長・岩田聡さんも愛読していたことは有名です。

こちらもアニメ化だけでなく、実写ドラマ化や実写映画化がされています。

「うる星やつら」

第26回小学館漫画賞少年少女部門を受賞。

一大ブームを巻き起こし当時の若者文化にも影響を与えたと言われています。

 

<羽海野チカ先生>

「3月のライオン」

「ヤングアニマル」に連載されていた、棋士を主役にした漫画。

2015年にはテレビアニメ化と実写映画化もされています。

 

<柴田亜美先生>

「南国少年パプワくん」

月間少年ガンガンに連載されていたマンガ作品。

アニメ化もされており、人気がありました。

柴田先生のデビュー作品です。

 

女性名で、そのまま活動されている

少年漫画家の先生もたくさんいらっしゃいました。

有名な作品がずらり。

 

実は女性だった男性名で活動する少年マンガの女性作家

山積みのマンガ

反対に、男性名で活動している女性漫画家の先生も紹介していきます。

<星野桂先生>

「D.Gray-man」

略称「Dグレ」は、連載休載を繰り返し、ながらも累計発行部数2000万部という人気漫画です。

仮想の19世紀末のヨーロッパを舞台に描かれた作品。

 

<大高忍先生>

「マギ」

千夜一夜物語を元にした冒険マンガ作品で、第59回小学館漫画賞少年向け部門を受賞しています。

単行本の累計発行部数は2500万部を突破しています。

 

<久保ミツロウ先生>

「モテキ」

「人類、必読。心に刺さる恋物語。」というキャッチコピーが印象的な

この作品は、テレビドラマ化もされ映画にもなっています。

その人気は”モテキ”という言葉が2010年の新語・流行語大賞でノミネートされるほどでした。

 

<林田球>

「ドロヘドロ」

18年にもわたる長編連載となったダークファンタジー作品。

独特の世界観は音楽からヒントを得て作り出されたものということです。

 

<尼子騒兵衛先生>

「落第忍者乱太郎」

1986年から33年もの間に渡って、「朝日小学生新聞」に連載されていた作品。

NHKのEテレのアニメ「忍たま乱太郎」の原作でもあり、ミュージカルや実写映画にもなっています。

 

<大島司先生>

「シュート!」

週刊少年マガジンに13年にもわたり連載されていた作品。

第18回講談社漫画賞少年部門を受賞しています。

 

<さとうふみや先生>

「金田一少年の事件簿」

作画を担当したのがさとうふみや先生です。

本格ミステリー作品となっていて、ドラマ化もされて人気でした。

2018年には20年後を舞台として「イブニング」で「金田一37歳の事件簿」が連載されました。

 

<荒川弘先生>

「鋼の錬金術師」

月間少年ガンガンで連載されていた作品。

総発行部数は全世界で7000万部以上にものぼる超人気作品です。

2017年にはリバイバル版がオンラインで連載されました。

「銀の匙」

週刊少年サンデーにて、2019年まで連載された北海道の農業高校を舞台にした学園漫画です。

2014年には実写映画化もされました。

 

<一色まこと先生>

「ピアノの森」

1998年委連載が開始され、2015年年に完結。

第12回文化庁メディア芸術祭マンガ部門を受賞し、

2007年には、アニメ映画化されています。

 

<田辺イエロウ先生>

「結界師」

週刊少年サンデーで2011年まで連載されたマンガ作品。

第52回小学館漫画賞少年向け部門を受賞しています。

 

<中村光先生>

「聖☆おにいさん」

2006年から「モーニング・ツー」で連載を開始した漫画作品。

タイトルは電気グルーヴ×スチャダラパーの「聖☆おじさん」からきています。

アニメ映画化と実写映画化もされました。

 

<恵広史先生>

「BLOODY MONDAY」

週刊少年マガジンで連載していたマンガ作品で、テレビドラマ化されて話題になっていました。

「少年漫画史を変えるショッキングサスペンス連載」というフレーズで注目を浴びました。

 

<出水ぽすか>

「約束のネバーランド」

2016年から現在まで連載中。

単行本の累計発行部数は2020年2月時点で1800万部を突破しています。

いくつもの漫画賞を受賞し、2020年12月に実写映画化も予定されています。

 

まとめ

  • 鬼滅の刃の作者が女性だったということが話題になっていますが、
    同じように女性で少年・青年漫画を描いている漫画家の先生はたくさんいました
  • 女性名で少年マンガを描いている方よりも、
    男性名で少年マンガを描いている先生の方が多く
    読者に合わせてペンネームを決めているということとがわかります
  • 男性名でも”中性的”な名前も多く、
    中には苗字に中性的な文字を入れている作家の方もいました

 

sponsored link

sponsored link

sponsored link

-気になったこと

© 2020 健康が1番! 薬剤師ママと3人の子どもたち  Powered by AFFINGER5