芸能

パワハラ報道で辛坊治郎は今後番組降板も?裁判・訴訟の可能性を調査!

sponsored link

1月9日発売の「週刊文春」で報じられた、ニュースキャスター・辛坊治郎の日テレ女性社員に対するパワハラ報道。

週刊文春によると・・・

2019年12月中旬。
辛坊治郎さんが司会進行をしている「深層NEWS」という番組の放送終了後、番組の女性プロデューサーが辛坊さんを呼び止めて、番組内容について話し合っている末、口論になった。
その際に、押し問答の末、辛坊さんが女性プロデューサーに”壁ドン”をして「お前なんかいつでも飛ばせる!」と言った。

という内容。

それに対して、辛坊治郎さんは、「完全にウソだ!」と反論しています。

ニュースキャスター・辛坊治郎さんは今後どうなっていくのでしょうか?番組降板は?裁判や訴訟の可能性について調べていきます!

辛坊治郎のパワハラ問題による番組降板や今後

まず今回の辛坊治郎さんに対するパワハラ報道は・・

”辛坊さんが女性プロデューサーに”壁ドン”をして「お前なんかいつでも飛ばせる!」と言った”ということについて・・・

辛坊さんは、辛坊さんの発言が嫌なら、女性プロデューサーは立場上、辛坊さんをクビにできるということを、女性プロデューサー本人に対して伝えた。

 

パワハラ問題の”壁ドン”について・・・

辛坊さん自身が「よく覚えてはいないが、見ていた人に聞くと、右手をついていた。」と手をついたことは認めている。

そして、日テレの女性社員と番組制作上の話し合いで言い方が激しくなったこと、も認めている。

つまり、

  • 壁に手をついたこと
  • 日テレの女性社員と口論をしたこと

については、週刊文春の表現の仕方とは異なるようですが、事実を認めています。
そして、「番組の内容についての議論で、女性社員にショックを与えたのなら申し訳なかった」と、辛坊さんの方から日テレに表明があったとのこと。

辛坊治郎さんのパワハラ問題について、いろいろ調べていくと、女性社員との口論や手をついたという事実はあったとのことですが、週刊文春が報じるような「パワハラ」という状態ではない可能性が高いようです。

 

>>>辛坊治郎のパワハラ報道の真相!完全なウソ?辛坊治郎の反論まとめ!

 

このようなことから考えて、日テレ側の新たな主張などがない限り、今後、辛坊さんの番組降板などはない可能性が高いです!

 

辛坊治郎のパワハラ問題の訴訟や裁判

辛坊治郎さんのパワハラ報道は、女性社員との口論や手をついたという事実はあったとのことですが、週刊文春が報じるような「パワハラ」という状態ではない可能性が高いよう。

それに対して、怒り心頭の辛坊さんは、週刊文春に対して今後どのように対処していくでしょうか?

それについてはこちらのツイートを見るとよくわかります。

 

今回のパワハラ報道について、他にも証人が3人もいるため、週刊文春に対して「名誉棄損」で訴えることもできるけれど、それはしないということですね。

それをしないのは、スタッフの和を考えてのこととのこと。

そして、パワハラを行ったとして報道されている日テレの女性社員に対しても辛坊さんは配慮していることから考えると・・

今後の週刊文春の対応次第、日テレ側の主張次第かもしれませんが、辛坊治郎さんが、名誉棄損で週刊文春に対して訴訟や裁判を起こすという可能性は低いと考えられます。

 

 

まとめ

  • 辛坊治郎は、パワハラ報道があったが、今後番組降板などがあるとは考えにくかった
  • 辛坊治郎が週刊文春に対して訴訟や裁判を起こす可能性は現時点では低かった

sponsored link

sponsored link

sponsored link

-芸能

© 2020 健康が1番! 薬剤師ママと3人の子どもたち  Powered by AFFINGER5