健康・美容

【敏感肌用】マスク焼け防止に肌に優しいタイプの日焼け止めクリーム

日差しの強い砂丘

sponsored link

緊急事態宣言が解除されたとはいえ、今も一人ひとりがマスクを着用したり、周囲と十分な距離を保った上での社会生活が求められています。

飛沫感染を防ぐためにも、外出時はマスクを常時つけておきたいものですが、これからの季節は日焼けが心配ですよね。

マスク焼けを防止するために日焼け止めを利用される方も多いですが、肌トラブルは絶対に避けたいものです。

最近は敏感肌用の日焼け止めクリームや、コスパの良いプチプラ日焼け止めも登場しています。

ノコ
今回は敏感肌用の日焼け止めクリームをご紹介していきます。

 

防水タイプの敏感肌用日焼け止めクリーム

日差しの強い公園

日焼け止めはUV効果(焼けにくい効果)が高くなればなるほど、肌への刺激も強くなると言われています。

ひどいときは肌の炎症を起こしてしまうため、肌トラブルには無縁という方も、日焼け止めは必ずしっかりと落とすことを心がけたいところです。

ノコ
そして、汗やプールなどの水に強い防水タイプの日焼け止めが、マスク焼け防止のマストアイテムと言えますね。

そんな防水タイプでなおかつ肌に優しい日焼け止めはこちら。

<NOV(ノブ)UVシールドEX>

クリームタイプながら肌なじみが良いと評判の日焼け止めです。

顔とからだの両方に使用することができるので、これひとつで全身のUVケアができるのも嬉しいポイント。

ウォータープルーフの日焼け止めの商品の中でも、なかなか敏感肌用の商品がないのが現状ですよね。

どうしても防水タイプ仕様にするためには多くの成分を配合する必要があり、肌への刺激も強くなりがち。

このNOVの日焼け止めは敏感肌の方でも安心してお使えるようになっています。

汗の心配もなく、長時間のお出かけにも重宝する1本です。

ネコ
なかなか防水タイプの敏感肌用の日焼け止めは見つからないんだよね・・。
ノコ
NOVは古くからある有名なメーカーで、肌のことを考えて作られた製品を作っているから安心ですね。

 

敏感肌向け!擦れても落ちない日焼け止めクリーム

強い日差し

夏は汗や皮脂と一緒に日焼け止め成分が流れ落ちてしまうため、頻繁に日焼け止めを塗りなおす必要があります。

マスクをつけていると鼻や頬の部分が擦れて、自然と日焼け止めが取れてしまいます

ノコ
マスクと肌のこすれに強い日焼け止めクリームは、マスクをつける機会の多い今年の夏には大活躍間違いなしのアイテムです。

<イハダ薬用UVスクリーン>

敏感肌の方でも安心して使えると話題なのが、イハダ薬用UVスクリーンです。

ワセリンを配合しているため肌が乾燥することを防いでくれるのが特徴です。

さらにマスク内での蒸れが原因で起こる肌荒れのために、「グリチルリチン酸ジカリウム」が贅沢に配合された商品です。

日焼け止めを使用する上で気になるのが肌なじみですよね。

日焼け止めが白く浮いてしまうことだけは避けたいものですが、イハダは自然に肌になじむアイテムです。

マリンスポーツやアウトドアなど、屋外で長時間過ごす日にはぴったりなアイテムです。

<ユースキンyuskin UVミルク>

デリケートな肌、かさかさ肌を守ることを軸に商品開発されたというユースキンの日焼け止め。

肌がデリケートな方でもお使い頂けるように、紫外線吸収剤を使わずに優しい使い心地のミルクタイプです。

1日の終わりには石鹸やボディーソープで洗い落とせるので、肌ケアに手間がかからないこともメリットです。

ミッフィーのデザインを採用しており、子供も進んで使ってくれそうなかわいいデザインとなっています。

擦れても落ちにくいタイプの日焼け止めの中にも敏感肌用のものがありました。

ノコ
石鹸で落とすことができれば、子供にも安心して使えますよね。

 

<千円以下>何度も塗りなおせる!敏感肌用プチプラ日焼け止めクリーム

海辺の日差し

日焼け対策として、1日に何度も日焼け止めを塗りなおすことを考えると、プチプラの日焼け止めも持っておきたいものです。

大容量ながら低価格の日焼け止めはコスパが良いと女性たちの間でも評判です。

気にせず贅沢に使うことができるので、何度でも塗りなおせますね。

 

<NIVEA(ニベア)クリームケアUVクリーム>

ボディーケア商品を幅広く手掛けるNIVEAが販売している日焼け止めです。

50gと十分な量のチューブタイプの日焼け止めが800円以下で購入できるので、コスパの良い日焼け止めを探している方におすすめです。

保湿クリームのニベアと同じ香りがするので、紫外線対策をしながら、心地良い香りに包まれて過ごすことができます。

 

<CANMAKE(キャンメイク)マーメイドスキンジェルUV>

プチプラコスメの王道、CANMAKEの日焼け止めです。プチプラとはいえ、UV効果が非常に高く、水分たっぷりのみずみずしいジェルは塗り心地も軽くいのでべたつきがありません。

スキンケアや保湿下地として使うこともできるので、洗顔後はこれ1本でメイク準備が整う優れものです。

40g700円とお手軽な値段も魅力ですので、屋外で長時間過ごす日の塗り直し用として、1本持っておくと便利ですね。

夏の紫外線をしっかりとブロックしながら、同時に肌への刺激も小さく抑えることができれば嬉しいですよね。

マスク焼けを防止するためにも、ご自身に合う日焼け止めを今のうちに選んでおくことが大切です。

\ 飲む日焼け止めはこちら /

 

まとめ

  • 敏感肌用の日焼け止めもいろいろとラインナップが充実しています
  • 防水タイプならNOV(ノブ)のUVシールドがおすすめです
  • マスクによる擦れや乾燥が気になる方には、ワセリン配合のイハダ薬用UVスクリーンなど耐摩耗性の日焼け止めがおススメです
  • プチプラの日焼け止めとしてはCANMAKE(キャンメイク)やNIVEA(ニベア)などの1000円以下の日焼け止めがありました

sponsored link

sponsored link

sponsored link

-健康・美容

© 2020 健康が1番! 薬剤師ママと3人の子どもたち  Powered by AFFINGER5